スーパーL資金

農業者向け スーパーL資金

税理士法人YFPクレアでは日本政策金融公庫で行われている様々な融資制度をお客様がご活用できるようにサポートしております。

 

日本政策金融公庫とは

日本政策金融公庫とは政府系の金融機関です。
日本政策金融公庫は「政府系の金融機関」の一つです。かつては「国金(こっきん)」と呼ばれていた国民生活金融公庫、 農林漁業金融公庫、中小企業金融公庫が統合したのが日本政策金融公庫です。国金に変わって「公庫」と呼ばれています。

日本政策金融公庫の融資の特徴は、融資を受けやすい点です。原則的に、無担保・無保証人でも融資を受けることができます。
また、ソーシャルビジネス支援資金(NPO法人、保育、介護事業向け融資)、就農、農業参入支援など、国の課題解決につながる事業や地域社会の発展のために必要な事業に対して特別な融資をできるようになっています。

税理士法人YFPクレアでは、これまでもNPO法人様向けのソーシャルビジネス支援資金(通称:ソーシャルビジネス融資)のサポートを行ってまいりました。  

 

農業支援融資「スーパーL資金」について

農業経営改善計画の認定を受けられた方の経営改善を資金面で応援するための融資制度が「スーパーL資金」です。

TPPによる新たな国際環境のもとで、規模拡大、農産物輸出等の新たに攻めの経営展開に取り組む農業者を支援するために平成28年2月から開始しました。
認定農業者が農業経営改善計画を達成するために必要な資金の融資が受けられます。

融資の使い道としては、
  農地(取得、改良、造成)
  施設・機械
  果樹・家畜等
  その他経営費(原材料費や人件費)
などが対象になります。汎用性の高い融資制度といえます。

さらに、 個人は最大3億円、法人では最大10億円の融資を受けることができます。
償還期限は25年以内(うち据置期間10年以内)

かなり優遇されている融資と言えます。  

 

農業経営改善計画とは

農業を頑張っている、やる気がある個人・法人が経営者として目標数字を明確にした農業経営改善計画書を市町村に申請し、認定されると認定農業者になります。
認定農業者になると市町村の関係機関がその数字を達成できるように支援をしてくれるようになります。

メリットとしてあるのは
・低利資金の融資が受けられる
・割増償却制度を活用できる
・農業者年金の保険料減額 などがあります。

スーパーL資金の特徴

金利負担軽減措置(貸付当初5年間の金利負担が実質無利子!)

公益財団法人農林水産長期金融協会が利子助成することで、
貸付当初5年間の金利負担が実質無利子(最大2%の引下げ)となります。
5年後からは0.1%の利率になります。  

 

実質無担保・無保証人貸付が可能

金利負担軽減措置を受ける方で、十分な担保の提供が困難な場合であっても、事業性評価融資により事業を遂行できる経営能力があり、投資する事業に十分な事業性があることが確認された方。

①農地中間管理機構から農地を借り入れて事業を実施している者
②事業用資産の概ね2分の1以上を借り入れて事業を実施している者
③融資対象物件を担保に提供することができない事業を行う者

 

融資の流れ

ご自身で金融機関や日本政策金融公庫等に訪問する前に、まず専門家にご相談ください!

一般事業の融資に対して、スーパーL資金は大変な好条件ですが、金融機関である以上、返済が期待できないような人に大事なお金を貸すことはしませんし、簡単に融資がおりるわけではありませんから事業計画書は日本政策金融公庫が見るポイントをきちんとおさえて書く必要があります。
税理士法人YFPクレアでは、そのポイントをおさえて書く作成方法をアドバイス致します。

また、実際に面談の際には事業計画書をもとに質問されます。
何のために借りるのか、どのように返済していくのか、本当に返済能力があるのか等が見られます。
事業計画書と面談を乗り越えられるようサポート致します。

 

1、まずはお問合せ下さい
スーパーL資金は過去の実績を重視されます。これまで作った作物、生産量から今までの経営状況の実績を重視されます。また、過去3期分の決算書(個人の場合は確定申告書)、法人であっても個人の資産証明書、長期借入金の償還計画なども見られます。
プロと一緒にきちんと準備することが必要です。

 

2、資金繰り
スーパーL資金を調達する場合、事業計画書にはかなり細かい計画を記載する必要があります。計算の根拠として人件費などはもちろん、シール代や袋代、箱代なども細かく5年間分の計画する必要があります。

 

 

3、事業計画書作成のサポート
日本政策金融公庫へ提出する為の創業計画書を作成致します。日本政策金融公庫のフォーマットに応じて、6枚の事業計画書の作成を経営者様と作成致します。日本政策金融公庫のフォーマットはHPから最新のものを御入手下さい。 

 

 

4、日本政策金融公庫とのやりとりの支援・アドバイス
申請する業種によって、融資担当者からの質問には傾向があります。これまでの実績から、融資担当者が経営者様にされる質問の受け答えについて、ご希望に応じてアドバイス致します。

 


5、日本政策金融公庫との交渉同行
ご要望に応じて、日本政策金融公庫との交渉にも同行致します。
通常、面談後1~2週間程度で融資がおります。          

スーパーL資金調達サポート費用

税理士法人YFPクレアでは、融資のサポートは原則的に税務顧問をご契約頂いているお客様には追加料金なしでさせて頂いております。

税務顧問サービスをご契約頂ける場合:無料
税務顧問サービスをご契約を頂けない場合:30,000円~

スーパーL資金を日本政策金融公庫からの
借入に関するご相談は予約制ですのでお問い合わせ下さい。  

関連ページ

創業融資
創業~2期目以内で、日本政策金融公庫、制度融資を活用して融資をご希望の方はこちら

日本政策金融公庫の創業融資について
日本政策金融公庫の創業融資についてはこちら

ソーシャルビジネス融資
日本政策金融公庫では、NPO法人や社会的課題を解決する事業に対して行う「ソーシャルビジネス融資」があります。税理士法人YFPクレアではNPO法人のソーシャルビジネス融資取得のためのサポートも行っております。

制度融資について
自治体、信用保証協会、金融機関の3社が共同で融資を行う制度融資はこちら

資金調達
創業3期目以降の融資のご相談はこちら

補助金・助成金情報
国や自治体が行っている補助金・助成金の情報です。


サービスに関するご質問・お見積もり依頼は無料です 0120-700-663 または03-5380-1386にお電話ください 受付時間 10時〜18時(平日) メールでのお問い合わせ