ポケモンgo!ついに配信開始

こんにちは、税理士法人YFPクレアの越尾です。

今日からついに話題になっているポケモンgoが配信開始になりましたね。アンドロイド限定とのことでiPhoneユーザーの私には関係ないようですが、仕事の途中で入った表参道のカフェでも、電車のなかでも大人たちが登録を急いでやっています。何人もポケモンで盛り上がるサラリーマンが続発しています。

ナチスドイツのユダヤ人強制収容所のアウシュビッツでもポケモンをする人たちが大騒ぎする、前方不注意で崖から落ちるなど既に海外でも事故や問題が続発しているものが日本についに上陸…ポケモンファンには申し訳ないですが、十分過ぎるほどドラクエオタクな私からするとその熱中がわかるからこそ不安でしかありません。だって私も、道を歩いていたらスライムと遭遇戦う!なんてなったら絶対はまりますもの(笑)仕事どころか歩くどころじゃないし、戦いに夢中になるのも無理はない。
親しみを感じやすいあのポケモンのキャラが道にいるってなったらそりゃテンションも上がって前も見なくなりますよ。

ですから、これから普通に道を歩くだけでも要注意が必要です。

こちらはゲームしてなくても事故に遭ってしまったら…嫌な思いしたら、入院してしまったら、後遺症が残ってしまったら、死んでしまったら、これらが自分の身や大切な人に起こるかもと思うと危険性が高すぎて不安になります。

いつの世も新しい魅力的なものが出てきます。それは必然です。文明が進化していますから。
でも、扱うのはいつだって人です。

私が大学4年生のとき、大学1年生の入学したばかりの学生が学科の懇親会の時にお酒の事故で亡くなる事故が起こりました。
大学は「お酒のせいだから、お酒を飲むことを1年間禁ずる」としました。
当時、醸造を学んでいましたが、果たして酒類が悪いのでしょうか?

それは違うと思います。

包丁で人が刺されたら、包丁が悪いとなるのでしょうか?
ネットで個人情報が漏れたら、ネットが悪いとなるのでしょうか?

未成年の上、お酒の飲み方を知らず調子にのったことが原因です。お酒とのお付き合いのしかたを知らなかったことが問題なのではありませんか?私はお酒を飲むどう顔色が変わって楽しくなったり、気持ち悪くなったりするのを鏡見ながら教わり、お酒が体に会わないことを自覚しましたよ(笑)
包丁はちゃんとした料理人が持てば最高の料理を作り出すし、ネットは今や生活に不可欠な大事な道具。

もののせいにして人の教育に手を抜くのはよくありません。

慰霊地にポケモンが出現するのは不謹慎だし、それを設定したのはポケモンではなく、あくまで人。崖から落ちたのも人の不注意。

大人であっても子供であっても、遊ぶなら遊ぶで社会的責任をもって、法律はもちろん、常識やモラルをもって遊んでいただきたいと切に願います。
大人ならば大人としての振る舞いを、子供には大人が責任をもって教える必要があります。やるのは自由ですがあくまで自由には責任がつきまとうことを認識して行って頂きたいです。

オススメメニュー

給与計算サービス
給与計算をお一人900円で承ります!

創業融資支援
創業~2期目までの日本政策金融公庫、制度融資を活用した融資のサポート!

不動産オーナー様のための運用サポート
不動産オーナー様のための経理・決算サポートを実施中!

顧問税理士
税理士法人YFPクレアのメインサービス!税務顧問のご案内

監査部 佐藤の企業ドクターの処方箋

身も蓋もない事業計画 〜無計画の成れの果ては、ビールっ腹〜
事業計画(経営計画)が面白いほどわかりやすくご紹介する人気シリーズ第一弾!

身も蓋もない事業計画② 〜夢の実現というより、路頭に迷わないために〜
事業計画は夢のためだけじゃない!現実的な事業計画!

身も蓋もない事業計画③ 〜なぜ、他人の土俵で勝負してしまうのか〜
不得意な分野で勝負していませんか!?

融資のこと、入門の入門
融資を受けて大きく成長しよう!融資は受けるのも返済も計画的に!

牛丼戦争  勝者なき戦い 〜安い、うまい、早い、は顧客志向なのか〜
価格が安ければ売れる、ではない現実があるのです。

営業部 越尾のちょっぴりいい話

ロケット理論~まずは目的を明確に~
とってもわかりやすく経営理論について語ってみました

奴隷と従業員の違い
奴隷と従業員の違いは何でしょうか?明確にしていきましょう。

従業員と奴隷の違い2~元に戻すための費用=○○~
大好評だった奴隷と従業員の続編を調子にのって書いてみた。

不正の3要因
人の心に闇が入るスキマを作らない経理の仕組みづくりをご提案

節税してほしいというけれど…
「節税したい」その気持ちわかるけど、まずはこちらを読んで頂きたい…

税理士法人YFPクレアトップページ

担当者ブログの最新記事

サービスに関するご質問・お見積もり依頼は無料です 0120-700-663 または03-5380-1386にお電話ください 受付時間 10時〜18時(平日) メールでのお問い合わせ