税理士法人リライト様の見学させていただきました!

こんにちは、税理士法人YFPクレアの越尾です。
 
先週は税理士法人リライト様の事務所見学会をさせていただきました!
 
税理士法人リライト様は水道橋にある総勢30名程の税理士事務所で、「TKCの導入しているお客様からの紹介が多い」「人が辞めない」という2つの大きな特徴があります。
そして、今、とても伸びている事務所でもあります!
 
リライト様の瀬谷先生や職員の皆様とお話しする機会をいただき、大変勉強になりました。
 
ここからは私の主観による、「リライト様のここがすごい!」ということを
税理士法人YFPクレアのお客様にもお役に立つように(リライト様に切り替えちゃうのはやーよ)お伝えしたいと思います。

 

まず、「TKCはいいものだ!」という大前提の浸透っぷりがすごい。
経営は「マインド」で決まりますからね。
大前提の浸透は本当に大事です。
 
フィンテックの発達により、税理士の仕事も変わってきました。これからどういう選択をするかは各事務所によって異なります。
ただ、「どういう方向性で行くか」という大前提の浸透はどんな事務所であっても、また、どんな業種、職種であってもチームとして動くためには必要です。
どういう方向性でいくか。ということをかっこよくいうと「事業計画策定」といいます。
どういう事業を行うか、どういう会社にしていくか、
それを行うことによって社会にはどういう影響やメリットを与えられるか
スタッフはどういう気で仕事を行うか・・・。
形を整えるのが目的ではありません。
自身の方向性を決めるのが目的です。
リライト様はこの方向性がバシっと定まっていてビシッと職員の皆様が実行していらっしゃいました。
まさに思いを行為にちゃんと変換していらっしゃいました。
この一貫性というものはお客様に信頼してもらう上でとても大事です。
 
第二の特徴として、職員の皆様がとにかく元気。
残業はYFPクレアよりも多そうでしたがイキイキとしている様子を見てると、なんだか以前にいた会社を思い出しました。
営業がうまくいく…というのもうなづけます。
 
よくイメージされるような税理士事務所とはかなり雰囲気が異なります。
飲みに行けば、元気がさらに増してエネルギー溢れかえってました。
印象としてはそんなに飲んでる量が多いわけではないと思うので、元々のエネルギー量が高いからでしょう。
とても楽しかったです(笑)
 
また、そのコミュニケーション能力を見てて、経営者様が紹介してくれるっていうのも納得です。
話を聞いてくれる、理解してくれる安心感…結局、経営者様にとって理解者がいてくれることが何より励みなのでしょう。
また、これほど飲み会を盛り上げられるのも経営者様に好評な理由の一つでしょう。
 
私も今回の見学会で見えてきたことをもとに、より一層しっかり税理士の役割をお伝えしたいと思いました。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

せっかく写真を撮らせていただいたのに…
酔った越尾の腕とスマホカメラのクオリティでは限界でした…とほほ…

オススメメニュー

給与計算サービス
給与計算をお一人900円で承ります!

創業融資支援
創業~2期目までの日本政策金融公庫、制度融資を活用した融資のサポート!

不動産オーナー様のための運用サポート
不動産オーナー様のための経理・決算サポートを実施中!

顧問税理士
税理士法人YFPクレアのメインサービス!税務顧問のご案内

監査部 佐藤の企業ドクターの処方箋

身も蓋もない事業計画 〜無計画の成れの果ては、ビールっ腹〜
事業計画(経営計画)が面白いほどわかりやすくご紹介する人気シリーズ第一弾!

身も蓋もない事業計画② 〜夢の実現というより、路頭に迷わないために〜
事業計画は夢のためだけじゃない!現実的な事業計画!

身も蓋もない事業計画③ 〜なぜ、他人の土俵で勝負してしまうのか〜
不得意な分野で勝負していませんか!?

融資のこと、入門の入門
融資を受けて大きく成長しよう!融資は受けるのも返済も計画的に!

牛丼戦争  勝者なき戦い 〜安い、うまい、早い、は顧客志向なのか〜
価格が安ければ売れる、ではない現実があるのです。

営業部 越尾のちょっぴりいい話

ロケット理論~まずは目的を明確に~
とってもわかりやすく経営理論について語ってみました

奴隷と従業員の違い
奴隷と従業員の違いは何でしょうか?明確にしていきましょう。

従業員と奴隷の違い2~元に戻すための費用=○○~
大好評だった奴隷と従業員の続編を調子にのって書いてみた。

不正の3要因
人の心に闇が入るスキマを作らない経理の仕組みづくりをご提案

節税してほしいというけれど…
「節税したい」その気持ちわかるけど、まずはこちらを読んで頂きたい…

税理士法人YFPクレアトップページ
 

お知らせの最新記事

サービスに関するご質問・お見積もり依頼は無料です 0120-700-663 または03-5380-1386にお電話ください 受付時間 10時〜18時(平日) メールでのお問い合わせ