その自分への厳しさが相手の心をコロスことがある

こんにちは、税理士法人YFPクレア 越尾です。
 
今日はちょっとした気づきをお話させて頂きます。
 
先日、ドラクエ10というオンラインゲームでオンラインゲーム上のと一緒に遊んでいた時のことでした。
昔のドラクエとは異なって、今はストーリーとは関係なく、何度でも戦えるボスというものがいます。
しかも、オンラインです。オンライン上で様々な人とそのボスと戦います。
強さは4段階で日替わり。
 
ゲーマーの友人Aと、
3日前に、私と友人B行こう!となり、
そのために装備を新調すること400万ゴールド
レアなアクセサリーを取った個数14個(笑)
(我ながら、ちょっとやりすぎた感がある。破産しそうです。)
 
通常通り、他の友人たちの誘いには全て乗って、本当に短期間でよくここまでやったなと思います。
決めて達成!を口癖にしてきてよかったです。
倉庫の中身をかなり売り飛ばし、ついでながらも断捨離ができました。
 
そして、そのボスも
結果的には倒すことができました。
 
そこだけを見れば結果オーライのはずが、私はモヤモヤ。勝利を喜べませんでした。
勝利を喜べないということは、努力に対して達成感を得られなかったということです。
 
何のためにドラクエをしてるんだ!?と疑問を持つことになりました。
 
私がドラクエをこよなく愛する理由としては、世界観が好きというのもあるのですが、
「努力が確実に成長につながり、達成に繋がる」ということです。
現実では、努力をしても達成できる気がせず、努力さえしないことも多々あります。
例えば、私が「東大の医学部に行きたい!」とか「アメリカの大統領になる!」と思って今から努力をしたとしても、要領も頭もよくない私が勝てる相手ではないのです。
ここまで大げさに言わなくても、一生懸命、知っている知識をお伝えしたお客様が他の税理士事務所に決めたとか、一生懸命作ったページからまったく問い合わせがないとか、一生懸命運動していたのに痩せないとか…
 
現実では、努力=成果とはならない。
もちろん、まだ成長過程であり、成果という果実を得るのには時期尚早なのかもしれないです。
でも、あとどれほど努力すればいいのかわからない闇の中で努力し続けるのはしんどいものです。
人より努力したからといって、必ずしも成果がついてくるわけではないのです。
(こんなことを経営計画や経営顧問サービスなどを売っている税理士事務所の職員が言っていいのか!と言われそうなので
先に言わせて頂くと、これらのサービスは100%の成功を保証するものではなく、
何もしなければ絶対可能性は0のままだけど、動くことによって可能性が上げていくサービスです)
しかし、ゲームの中では努力=成長⇒成果になるため、達成感という快感を味わうことができます。
 
努力はしたし、達成もした。
だけど、モヤモヤしてしまって達成感を得られなかった。
これでは、ドラクエをやってストレスをためるとか、何のためにやっているのかわかりません。
 
なので、自分なりに考えてみました。
なぜ、達成感を得られなかったのか。
 
一つはゲーマーの友人Aの完璧主義さに怖いと感じているからでしょう。
友人Aはあくまで私や友人Bのために良かれと思って、己に対して厳しくしています。
お金はもらっていないものの、ゲームの世界で東京1位や全国でも10位以内など
もはやプロといっても過言ではないほどの強者です。
 
そんな友人Aは私や友人Bのために一緒に戦ってくれたわけです。
彼はとても立派です。
彼から要求されたものは何一つありません。
ありがとう!と言われることに彼は喜びを感じているそうです。
 
 
しかし、申し訳ないのですが、私はそんな彼の姿勢に恐縮してしまうのです。
とても素晴らしい人たと思うし、強くてうまいし、人格も素晴らしいと思います。
決して他の人を責めることはしません。
しかし、私は、彼の足もとにも及ばないほど、下手だし、弱いです。
彼が己に完璧を求めれば求めるほど、私自身の不出来さを責められているような気がしてしまう…
 
私は焦ってしまって本来、絶対よけなければいけなかった敵の攻撃を何度もくらってしまったので
もうなんていうか…ごめんなさいとしか言いようがない。
今は、もうその友人AやBに近づくことさえ怖いと感じてしまいます。
 
友人AもBも私を責めたりは全くしていません。
沢山アドバイスも頂きましたが、私は自責の念でいっぱいになりすぎて
もう一緒にやることは無理だな…と感じています。
 
つまり、本来はボスを撃破したい!という私の目標があったにもかかわらず
友人Aの完璧主義さに「この人とやるときは完璧でないとダメ」と思います。
その結果、完璧にできなかったので達成感を得られなかった…ということに気づきました。
 
 
 
実は、前に、逆の立場のことがありました。
私は全然、完璧ではありません。まったくもって不完全すぎる人間ですが、
仕事上のパートナーかつ友人に言われたのは「完璧主義すぎて、一緒に居づらい」と言われたのです。
 
その時は理由がわかりませんでした。
完璧にできているのだったら、こんなに苦労はしないよ!と反撃しましたが、
今考えると、あのとき私が完璧を目指していたのは確かだったと思います。
全ては任せられた仕事を完璧にやりたかった。最高の結果を得たかった。それが全体のためだと思っていました。
まるで友人Aのように。
 
今も親友で、夏には一緒に旅行にいこうと言っているほどの友人ですが
私にとってはいつもニコニコしている彼女は憧れの存在で、とても癒し系です。
友人Aとの会話を思い出し、親友の気持ちや友人Aの気持ちを察することができました。
 
あの時の親友の気持ちを痛いほど組むことができました。
私に気持ちを伝えるのさえ、怖いと感じていたかもしれません。
勇気をもって伝えてくれたにもかかわらず、表面上でしか変えられなかった自分を恥じつつ
今度会えた時には、ごめんねとありがとうを伝えたいと思います。
 
そして、親友がしてくれたように、私も友人Aとちゃんと向き合おうと思います。
友人Aと向き合うと同時に、自分とも向き合います。
 
仕事でも、プライベートであったとしても
それぞれが別の想いをもって同じ行動をすると同じ結果であったとしてもそのとらえ方は異なります。
一人は喜び歓喜し、一人は安堵し、一人はもやもやした。
 
たかがゲーム、されど現実。
 
自分のあり方をとらえるきっかけになりました。
まだまだ未熟者で、穴があったら入って埋もれたいくらいですが、
努力を積み重ねて、少しずつでも成長していきたいです。
 
 

オススメメニュー

給与計算サービス
給与計算をお一人900円で承ります!

創業融資支援
創業~2期目までの日本政策金融公庫、制度融資を活用した融資のサポート!

不動産オーナー様のための運用サポート
不動産オーナー様のための経理・決算サポートを実施中!

顧問税理士
税理士法人YFPクレアのメインサービス!税務顧問のご案内

監査部 佐藤の企業ドクターの処方箋

身も蓋もない事業計画 〜無計画の成れの果ては、ビールっ腹〜
事業計画(経営計画)が面白いほどわかりやすくご紹介する人気シリーズ第一弾!

身も蓋もない事業計画② 〜夢の実現というより、路頭に迷わないために〜
事業計画は夢のためだけじゃない!現実的な事業計画!

身も蓋もない事業計画③ 〜なぜ、他人の土俵で勝負してしまうのか〜
不得意な分野で勝負していませんか!?

融資のこと、入門の入門
融資を受けて大きく成長しよう!融資は受けるのも返済も計画的に!

牛丼戦争  勝者なき戦い 〜安い、うまい、早い、は顧客志向なのか〜
価格が安ければ売れる、ではない現実があるのです。

営業部 越尾のちょっぴりいい話

ロケット理論~まずは目的を明確に~
とってもわかりやすく経営理論について語ってみました

奴隷と従業員の違い
奴隷と従業員の違いは何でしょうか?明確にしていきましょう。

従業員と奴隷の違い2~元に戻すための費用=○○~
大好評だった奴隷と従業員の続編を調子にのって書いてみた。

不正の3要因
人の心に闇が入るスキマを作らない経理の仕組みづくりをご提案

節税してほしいというけれど…
「節税したい」その気持ちわかるけど、まずはこちらを読んで頂きたい…

税理士法人YFPクレアトップページ

担当者ブログの最新記事

サービスに関するご質問・お見積もり依頼は無料です 0120-700-663 または03-5380-1386にお電話ください 受付時間 10時〜18時(平日) メールでのお問い合わせ