もうすぐ確定申告!だがしかしマイナンバーカードが届かない!

こんにちは、税理士法人YFPクレア 越尾です。

今日は絶望的なお話です。

もうすぐ2月も終わり、3月になります。
税理士事務所はというと、オリンピックにも目もくれず、ひたすら確定申告…というほどではないですが、オリンピックの話題より確定申告の話題の方が断然多いのは確かです。(そりゃそうか)

羽生選手の美しすぎる4回転ジャンプに心ときめきながらも頭は確定申告の書類が集まっているかとか、この人は今年も依頼があるのかないのかなど、オリンピックどころの騒ぎではありません。

今年は最終兵器と呼ばれる我が上司・長谷川も記帳をしています。臨戦態勢ととのっております。

私もやりたい!と、3年前にとった簿記3級がやっと役に立つ!と色めき立ったのですが、残念…越尾はウェブ集客を!との代表と長谷川さんからの指示により、入社から数年たった今も、弥生会計に入力できた回数はごくわずか…たまには監査担当者や税理士指導のもとの記帳指導を実体験し、今後の仕事に活かしたい!と思うのですが、やることリストを見ると「確かに記帳している場合ではないか・・・」と積もり積もったリストにため息をついております。

さて、確定申告です。

今年は父親が購入した専用のリーダーをつかってe-taxにチャレンジしようと思ったのですが、マイナンバーカードが届かないので、ペーパレスの確定申告はできそうにありません。

本当に悲しいです。なんのためにマイナンバーカードの申請をしたのか・・・あと2週間で届けばいいのですが申請してから今日でちょうど1ヶ月。気が短い私はこれ以上待てそうにありません。

マイナンバーカードをつかったe-taxを自らやってみて、感想とかできるできない、エラーになったなどの経験とネタを仕込もうと思ったのですが・・・ネタにできないことをネタにしてしまいました。

とはいえ、まだ3月15日の確定申告までは日にちもあるし、諦めずに待ち続けようと思います。
やはり税理士事務所の職員でありながら、申告も記帳もやったことがないレアな人間のチャレンジというのは、ごくわずかな人にはお役に立つ!かもしれないし・・・(んなわけないか・・・)

 

毎年この時期になって、自分でやるたびにおもうのですが、本当にめんどうですよね・・・確定申告。

丸投げしたいという個人事業主様の気持ちよくわかります。1年間分きちんと記帳してても面倒です。こないだ土曜日の夜中の2時までかかって準備終えましたよ。面倒だからYFPクレアに依頼しようかと思いました(笑)

営業をしていると、この時期になって、確定申告を自分でやろうとしてできず、やっぱり依頼する…という方とご面談させていただくのですが、この時期から期限内で申告をしようとすると残念ながら追加料金をいただくことになります。というのが、今から入力!今から確認!となるとどうしても残業をせざるを得ないからです(涙)大変申し訳ないのですが、追加料金をちょうだいしてしまうことになります。既存のお客様に関しても同様です。

スタッフがタイムスケジュールを組んで仕事をしておりますので、「急いでやって!」というのは基本的に弊社スタッフに「残業して!」と言っているのも等しく、その残業代はお客様にご負担していただくことになります。

これにはもう一つ意味があり「追加料金払わなくていいように、前もってスケジュールを組んで余裕をもって経営しましょう」というメッセージでもあります。
何事も、備えあれば憂いなし!

人間というのは一事が万事。

確定申告の期限が間に合わないだけだったら、青色申告の取り消しや繰越欠損金がパーになるだけで済むかもしれませんが、人生にはもっと大きな「期限」があるのではないでしょうか。

確定申告からはだいぶ離れてしまいましたが、
「確定申告の準備はおはやめに!」
「確定申告のお申し込みはおはやめに!」

の2点だけは声を大にして叫んでおきます。

そして、確定申告、皆さん、がんばりましょう!!!

 

よく読まれるブログ

ロケット理論~まずは目的を明確に~
ロケット理論について語ってみました

奴隷と従業員の違い
奴隷と従業員の違いは何でしょうか?明確にしていきましょう。

従業員と奴隷の違い2~元に戻すための費用=○○~
大好評だった奴隷と従業員の続編を調子にのって書いてみた。

不正の3要因
人の心に闇が入るスキマを作らない経理の仕組みづくりをご提案

節税してほしいというけれど…
「節税したい」その気持ちわかるけど、まずはこちらを読んで頂きたい…

会計のメリットってなんですか?
 会計が面倒…そんな方に読んでください!

ピックアップメニュー

給与計算 アウトソーシング
給与計算のアウトソーシングを1人900円~行っております!現在ご注文殺到中!

税務顧問
経営の状況を把握するためには正しい会計をすることが大前提!税理士法人YFPクレアでは税務と財務の両輪をサポート!

1000円税務相談
「これって経費になりますか?」税務顧問まではいかないけど、ちょっと相談したい!そんな方向けメニュー!

確定申告の最新記事

サービスに関するご質問・お見積もり依頼は無料です 0120-700-663 または03-5380-1386にお電話ください 受付時間 10時〜18時(平日) メールでのお問い合わせ