お知らせ

【感情崩壊】今日、部下が会社を辞める。

税理士法人YFPクレアの監査部 佐藤です。
経営者のみなさん。
業務の効率化心掛けてらっしゃいますか?
膨大な雑務に追われているスタッフさんはいませんか?

そんな経営者さんには下記の中小企業庁の動画を是非お目通しいただきたく思います。
“【感情崩壊】今日、部下が会社を辞める。”

中小企業庁が何を言いたいかというと、生産性をあげなさいよ、そのための投資を躊躇するなよ、さもないと…みたいなことだと思います。

中小零細企業は現状どこも人手不足で、これは解消される見込みはございません。
その分、業務をどんどん合理化効率化していくしかありません。
これは人手不足を解消する手段のみならず、現在いるメンバーを守ることにもつながります。
“最近の若者は…”“俺たちの時代は…”
気持ちはわかりますが、言っても仕方ありません。

常にメンバーの負担が過度のものとなっていないか、改善策はないのか、考え続けなくてはいけません。

しかし一方で、私はこの動画の作り手の意図とは別の課題が頭に浮かびました。
「加藤くん(動画内の退職する部下)、お前も会社のメンバーだろ?会社の一部だろ?」

会社がおかしいのはだれのせいか。
大企業ならまだしも、中小零細企業であれば3年もいればそれなりの存在感がもてているはず…。なぜ、積極的な改善案も出さずに被害者のごとくふるまって去ってくのか。

私のこの動画から抽出した課題はここから派生します。

【はいってきたメンバーにどう一員感を持ってもらうか、どう当事者意識をもってもらうか】

難しいところですね…。

この課題を考えようとするとき、前述した“最近の若者は…”“俺たちの時代は…”的な気分は切り離さないといけません。
道義的な話ではなく、あくまでも経営上の課題として戦略的戦術的に考えなくてはと思います。

私もじっくり考えてみたいと思います。

税理士法人YFPクレア
四谷オフィス 佐藤明史海

<< 前の記事を見る
サービスに関するご質問・お見積もり依頼は無料です 0120-700-663 または03-5380-1386にお電話ください 受付時間 10時〜18時(平日) メールでのお問い合わせ