クラウド会計

生産性向上と業務効率化の違いを調べてみました。

こんにちは、税理士法人YFPクレア 越尾です。

最近、税制でも補助金でもテーマは「生産性向上」です。

ところで、生産性向上と業務効率化の違いって何か、考えたことありますか?

業務効率化と生産性向上では何が異なるのか!?ということについて、お伝えしようと思います。

生産性は数字である。

生産性はこんな式で表示されます。

生産性=成果÷投資資源

生産性を上げるには、
1、成果を上げる
2、投資資源を下げる

の2択です。

成果・・・というと、何があるのかといえば、最もわかりやすいものとして売上でしょう。
投資資源としては、人件費だったり原材料だったりしますね。

業務の効率化をすることで、時間短縮をし、投資資源を下げることは出来ますが、業務効率化だけだと成果の向上まで視野に入った話ではありません。

つまり、今の日本は・・・
成果を上げて、投資資源を下げる!というおいしいとこどりへのチャレンジをしようとしていると言えます。

これができたら最高にいいですよね。

最初から「無理だ!」っておっしゃるのでしたらそこまでですが、
ほとんどの中小企業で人材採用が難しく、競争力の低下が見込まれている昨今で
そんなことはおっしゃらないで頂きたい。

私も、ランサーズに委託して作ってもらったマクロがあまりに早すぎて、時間短縮で言うと2時間ほど縮みました。

たった8000円のマクロで2時間。

毎月1回、やる業務だったのですが、数か月でもとがとれます。

 

その浮いた2時間で成果を上げるための時間にすれば投資資源は下がって成果が上がる!

わぉ!生産性向上!!!

こういうのって一事が万事で、「もっと生産性をあげよう!」と思わなければ
改善するより今迄で通りの方が大体の場合はラクで、ズルズルと今のまま行って
クラッシュしてから(もしくはクラッシュすると気付いてから)変える・・・という
動きをしていたら、変化が速い昨今ではついていけなくなっちゃいますよ。

1つでバーン!と生産性が上がることもあれば、そうでもないこともあるでしょう。

でも、すべては一事が万事。

生産性向上といえばIT導入補助金がスタートします。

記帳代行をされていたお客様、この機械にクラウド会計に変更しませんか!?

IT導入補助金、ぼちぼち再開しますよ!!!こうご期待!!!

 

<< 前の記事を見る
サービスに関するご質問・お見積もり依頼は無料です 0120-700-663 または03-5380-1386にお電話ください 受付時間 10時〜18時(平日) メールでのお問い合わせ