2018年2月8日

義理チョコは誰得か?

こんにちは、税理士法人YFPクレア 越尾です。

今年もこの季節になりました。バレンタインです。

昨年、ハッピーバレンタイン2017は大変な好評な記事になりました。
なんせ、税理士法人YFPクレアは「真実の愛以外は禁止」ですから、義理チョコ等々はございません。
女友達にこの話をすると「YFPクレアに転職したい!」「採用やってる?」と聞かれることさえもありますよ。監査担当者、経理担当者(記帳、給与計算など)、営業などを募集しておりますので、「義理チョコなんてやってられるか!」という方で、和気藹々と協力し合って無理せずに成長して行こう!という方、ぜひご応募下さい♪

今年はもらってうれしいチョコといえば、ゴディバ!!というくらいゴディバはチョコレートブランドの中でもトップに君臨するブランドですが

「義理チョコやめよう!」という前衛的な広告が出ました!

それがこちら!↓↓↓

バレンタイン禁止の会社です

<日経新聞 2018年2月1日より>

↓↓↓以下、引用です。↓↓↓

バレンタインデーは嫌いだ、という女性がいます。
その日が休日だと、内心ホッとするという女性がいます。
なぜなら、義理チョコを誰にあげるかを考えたり、準備をしたりするのがあまりにもタイヘンだから、というのです。
気を使う。お金も使う。でも自分からはやめづらい。
それが毎年もどかしい、というのです。

それはこの国の女性たちをずっと見てきた私たちゴディバも、肌で感じてきたこと。
もちろん本命はあっていいけど、義理チョコはなくてもいい。
いや、この時代、ないほうがいい。そう思うに至ったのです。
そもそもバレンタインは、純粋に気持ちを伝える日。
社内の人間関係を調整する日ではない。
だから男性のみなさんから、とりわけそれぞれの会社のトップから、彼女たちにまずひと言、言ってあげてください。「義理チョコ、ムリしないで」と。

気持ちを伝える歓びを、もっと多くの人に楽しんでほしいから。
そしてバレンタインデーを、もっと好きになってほしいから。
愛してる。好きです。本当にありがとう。そんな儀礼ではない、心からの感情だけを、これからも大切にしたい私たちです。

ゴディバジャパン株式会社
代表取締役社長
ジェローム・シュシャン

 

以上、引用でした。

その通りだよ!!ゴディバ愛してる!私の主張をこんなにも大きく載せてくれて!

本命にあげるチョコに関しては本当に心躍るんだからさ!!!

今の日本はこんなにも「生産性向上」を追求し、少子高齢化に対して真摯に取り組まなければならないのに義理チョコなんぞに時間も労力もお金も費やしていていいほど悠長な時代じゃございません!

義理チョコなんていう中途半端なものがあるから
女性は時間を使ってチョコレートの研究を行い、
他の人とかぶらないように考えたりすることに時間を費やさねばなりません。

また、職場の義理チョコで言うならば
「A子さんはくれたのに、B子さんはくれなかった」というモテないおっさんどもの
実にくだらなくてアホくさいおっさん臭漂う陰険ないじめに遭わないためにも
政治的な意味で、人間関係を壊さないために、日本人的右向け右思考のために、
致し方なく、しゃーなしに、イヤイヤで義理チョコを配っている人もいるでしょう。

一方、日頃の感謝をお歳暮よりはお手軽に伝えられる・・・という意味では、
バレンタインは悪くないですが、こっそり渡したつもりがばれてしまった日には
「A子さんはC男にはチョコ渡したのに俺にはくれなかった」というモテないおっさんどもの、
実にくだらなくてアホくさいおっさん臭漂う被害妄想を起こすリスクがありやっぱり
非常に神経を使います。

さらに、男性は男性でお返しも大変です。

既婚男性なんて、もはや恋愛も奥様以外を愛することを法律で禁じられているのにも関わらず、何も思いのこもっていないチョコを受け取ってしまったが故に、少ないお小遣いからお返しを用意するわけですよ。
で、女性社員は思うんですよ。
「しょぼい・・・」「またこれ?」「お金ないのかな」とね。
でも、その女性社員が渡したチョコは奥様やお子さんの口に入ってしまうんですわ。
(私の父がそうでした。職場の女性のみなさん、ごちそうさまでした。でも、ワガママ申すとそのチョコ、あんまりおいしくないんですわ・・・義理チョコだし仕方ないけど。あんまりおいしくないから3月まで残ってたりもする。なお、家族が買ってきたチョコは即消化されるので、義理と本命のおいしさは明確です。)
もしくは、奥様がお返しを考えて、買ってきてくれるケースもあります。
「センスが良い!」と女子ウケ抜群なことも。
ただし、センスがいいのは本人ではなく、奥様です。

はぁぁぁ・・・
バレンタインって本当に誰得なのでしょうか?
お菓子メーカーが決算前にがっぽり稼いでいるだけで、ほとんどの会社で生産性の低下をさせ、真実の愛を義理チョコに埋もれさせ、誰も得していません。

そう、義理チョコの罪悪として、本命に勇気を出して渡したところで、義理チョコ扱いもされかねない上、その返事をくれるのが1か月も先なんですよ?なにその昭和時代なスピード感。めっちゃ効率…というか生産性低すぎませんか?むしろその場で返事しなさいよ。ホワイトデーは2月15日でいいわよ。アマゾンプライムで買いなさいよ。最速4時間後でもできるし。さくっとスピーディーに行きましょう。

もっと日本古来のイベント以外のイベントに関しては常識を疑ってかかったほうがいいです。

ぶっちゃけ、節分よりバレンタインに浮かれているようでは先が思いやられます。
恵方巻きじゃないわよ、豆よ、豆!!!バレンタインでチョコ配るなら豆まきなさい!!

ついうっかり、バレンタインアンチっぷりを十二分に見せつけておりますが
意外とバレンタインもチョコも大好きなんです。私がキライなのは義理チョコという存在です。
バレンタインは好きなので、この3連休はせっせとドラクエクッキーの制作をしようと思っています!!

しかし、ドラクエクッキーは職場に配ることはなく、欲しい!(というか見たい!飾りたい!)とおっしゃってくださるドラクエプレーヤー仲間たちに日頃の感謝を込めてプレゼントする予定です。材料集めてデザイン考えて試作して試食して「むふふ」としている時間が幸せです。

職場では日頃の感謝は、ことある度に「ありがとうございます!」を伝えることで態度で示し、人間関係の円滑化をはかることにします。

本質ってそれだと思います。今年もバレンタインは禁止です。

「ありがとう」なら毎日でも出来るし、年に1度のイベント少ない機会で日頃のお礼を伝えるよりよっぽど良い人間関係を築けるのではないでしょうか?

おいしいチョコは自分で買いましょう。

それが最もみんなが幸せになる道ではないでしょうか?

ゴディバが好きになったので、今年のバレンタインは自分にショコリキサーをプレゼントしてあげようと思います。

 

サービスに関するご質問・お見積もり依頼は無料です 0120-700-663 または03-5380-1386にお電話ください 受付時間 10時〜18時(平日) メールでのお問い合わせ