2018年 暮らしに関わる税改正

こんにちは!税理士法人YFPクレアの長谷川です。

今回は2018年にかわる暮らしに関わる税の改正についてお話させて頂きます!

私達の暮らしで一番大きく変わったのは、消費税3%ができた事だと思いますが、知らなかった!!とならないようにお伝えさせて頂きます。(当時私はジュースやお菓子を買うのに苦労をしました(笑))

※消費税は1989年に3%になり、1997年に5%、2014年に8%になり2019年10月には10%になる予定です。(また延期になるかもしれないですが)

今回、私生活に関わるだろうものは「たばこ税」「国際観光客税(創設)」「森林環境税(創設)」です!

●「たばこ税」
3段階に分けて増税されるそうで、1本あたり1円づつ増税して4年で1本あたり3円の増税をするそうです!
※平成30年10月、平成32年10月、平成33年10月に改正する。

加熱式のたばこも平成30年10月から5年をかけて段階的に増税されるそうです!

私はたばこを吸わないので関係ないですが、喫煙する場所も限られ増税したりと喫煙者は大変ですね。。。

●「国際観光客税(創設)」
平成31年1月7日以後の出国から、日本を出国する(日本人)際に1人あたり1,000円徴収、訪日外国人から1人あたり1,000円徴収されます!

1人分で考えるとあまり負担にならないですが家族で旅行する場合は負担が増えますね。。。

●森林環境税(創設)
平成36年度から住民税に年1回1,000円上乗せされる予定との事です!

今回は森林整備との事ですが今までも気づかない間に課税されていそうですね。。。

それではまた!

サービスに関するご質問・お見積もり依頼は無料です 0120-700-663 または03-5380-1386にお電話ください 受付時間 10時〜18時(平日) メールでのお問い合わせ