FX4クラウドを活用した経理の合理化&効率化

FX4クラウドで経理業務の合理化

FX4クラウドとは?

TKCの会計ソフトの中でもクラウド対応しているのが「FX4クラウド」です。

TKCの会計ソフト全てに備わっている業績管理などの機能はもちろんですが、FX4クラウドはTKCのソフトにも他社にもない、効率化・合理化にはもってこいの機能がありますのでご紹介いたします!

TKCについてはこちらをご覧下さい!→TKC

 

FX4クラウドで経理の合理化&効率化ができるのはこんな会社

会計ソフトを選ぶ際に大事になるのが、「状況にあった会計ソフトを選ぶこと」です。会社の規模や直面している課題などを把握したうえで、最も課題解決ができる会計ソフトを選ぶ必要があります。

  • FX4クラウドはこんな企業にオススメしています!
  •  ・100人規模
  •  ・複数の拠点・支店がある
  •  ・部門別(支店別)仕訳をしたい
  •  ・各支店で同時に会計ソフトへの入力しても混乱しないシステムがいい
  •  ・他社の販売管理ソフトのデータをできる限り簡単に会計ソフトにうつしたい
  •  ・ネットバンキングのデータをできる限り簡単に会計ソフトに移したい
  •  ・ミス(漏れや重複)は簡単に見つけられるようにしたい

⇒こんな会社はFX4クラウドがオススメ!!

では、FX4クラウドでは、どのような課題が解決できるのでしょうか?

 

超ラクチン!業務システムからのデータ連携!

FX4クラウドが有する様々な経理業務の効率化システムの中でも、最も素晴らしく、多くの経理担当者にも納得して使って頂けるであろう機能が仕訳読込テンプレートの設計機能です。

「仕訳読込テンプレート」って何ができるのか!?

多くの会計ソフトは「エクセルや業務システムとのデータ連携可能!」と謳っていますが、連携するには、会計ソフト指定のフォーマット通りのフォーマットに毎回書き換える必要があります。

それは非常にめんどくさい!!!
ややこしい手間をかけるならば、慣れてるし手で入力してしまえ!!!

と、なりがちなところですが、FX4クラウドなら・・・

経理の合理化をFX4(会計ソフト)を使って行う

上の図の通り!!
フォーマットを変えることなく、出力したデータをそのまま読み込ませればOK!

仕訳読込テンプレートが会計ソフトに合わせて読込み、FX4クラウドへ入力してくれます!
面倒なカスタマイズもないので、業務システムからそのまま読み取れます。

これは非常に便利です!

 

クレジットカードもネットバンキングもカンタンに読み込める!

法人クレジットカードのデータや銀行の取引データを会計ソフトへ読み込むこともできます!今や多くの会計ソフトで可能になりましたが、その中でもTKCのシステムのいいところは、学習機能が非常に高度であることです。

例えば、今までいつも仕入ているa社との取引・・・
全部手入力ならばこんな入力をします
<手入力の場合>入力箇所は最大7か所。

12/25 普通預金 10000 仕入 10000
  ○○銀行   a社  

 

<FX4クラウドの銀行信販データ受信機能を使った場合>
過去に行った取引データから同じものを選ぶだけ!
1クリックで終了です!

毎月同じ取引がある場合は、仕訳にかかる時間を大幅減できます!

 

ミスも減らせる!2重計上防止対策!

FinTechを活用して法人クレジットカードの情報やネットバンキングの情報を会計ソフトに取りこんで効率アップと時間短縮ができる上、さらにミスまで減らせます!

ミスが無いように…仕組を作って注意を払っていても、人間がやることにはミスはついてきてしまうこともあります。
しかし、FX4クラウドならば、もし、ウッカリ同じ仕訳を入れてしまっても、会計ソフトの方から「2重計上していませんか!?」とアナウンスしてくれるので、「銀行口座の実際残高と帳簿残高が違う!!!」というミスもすぐに気付けるので安心です。

もちろん、ミスはないに越したことはないですが、万が一間違いをしてしまったとしても、気付けるシステムがあれば、安心ですね。

 

証憑ストレージサービスを使って自動仕訳と証憑整理を同時に!

スキャナやスマートフォンで読み込んだデータを、会計ソフトが自動入力できます。また、レシートの原本は捨ててOK!スキャンデータがレシート原本の代りになるので、証憑整理(領収書、レシートの糊付け)は不必要!

会計ソフトへ入力する手間が減ると同時に、領収書を保管する手間も減らすことができるので2重で効率化をはかれます。
ただし、電子帳簿保存法に準拠しないシステムの場合はレシート原本の保管が必要ですが、FX4クラウドは完全準拠しているのでご安心ください。

 

もしも電子帳簿保存法に準拠してないソフトなら・・・

電子帳簿保存法に準拠していない会計ソフトはたくさんあります。準拠していない会計ソフトであってもスキャナやスマホで読み込んだデータで自動仕訳できる機能があるものもあります。それ自体は問題はありません。

電子帳簿保存法に準拠していない会計ソフトの場合は、スキャンしたデータ、領収書は証憑として扱われません。つまり、税務調査が入った場合は領収書などの原本の保管が必要です。税務調査が入ったときに領収書の提示を求められた際、スキャンデータでは無効とされ、最悪の場合は経費が否認される可能性もあります。

多くのクラウド会計ソフトの会社は、電子帳簿保存法に準拠していないことをアナウンスしていません。クラウド会計ソフトを使われる場合は、電子帳簿保存法に準拠していることを確認した上で領収書等の証憑の保管をおこなうことをオススメします。準拠していると明記されていない場合は、必ず証憑は原本を保管しましょう。

 

電子マネーの活用で合理化&効率化を図る

電子マネーなんて持ってないよ!
という方は、だいぶ減ったのではないでしょうか?東京、神奈川、千葉、埼玉の人ならば電子マネー「Suica(スイカ)」や「PASMO(パスモ)」といった交通系電子マネーを持っている人は少なくないと思います。

今では電車に乗った履歴もモバイルSuicaを使うことによって会計ソフトへの取り込みが可能です。モバイルSuicaはスマートフォンに、JR東日本が作っているモバイルSuicaアプリをインストールし、設定することでSuicaやPASMOと同じように利用できます。

 

FX4クラウドを導入するには???

「TKC」や「FX4クラウド」は大手量販店で売られているような会計ソフトではありません。

税理士事務所や会計士事務所が顧問をしているお客様限定で、貸し出される会計ソフトですが、TKCを使っている会社は全国で○○万社、FX4クラウドは○○社に使われている会計ソフトです。既存の税理士事務所がTKCに属している場合は、ぜひ、担当者に「FX4クラウドを使ってみたい!」とお伝えください。

残念ながら、TKCに属していない税理士事務所の場合は、TKC全国会ホームページから探すことも可能です。ソフト代についてはその税理士事務所で異なりますので、直接税理士事務所へお問い合わせください。

 

まとめ

FX4クラウドできる経理の合理化、効率化はいかがでしたでしょうか?

TKCも続々とFinTechでできる機能を追加しています。

実は、経理担当者が楽になるシステムでもありますが、私たち税理士事務所の監査担当者としても、ミスが見つけやすいこのシステムは監査時間を短縮でき、社長と経営助言の時間を増やすことができるのでお客様にとっても、税理士にとってもいいシステムです。

是非、多くの企業でご活用いただいて、より良い経営、よりスムーズな経理業務をして頂ければと願っております。

 

サービスに関するご質問・お見積もり依頼は無料です 0120-700-663 または03-5380-1386にお電話ください 受付時間 10時〜18時(平日) メールでのお問い合わせ