平成のうちに法人成りをしたい方必見!会社設立情報

こんにちは、税理士法人YFPクレア 営業部の越尾です。

平成のうちに会社を作って将来的に「平成からある会社なんです!」と、アピールしたい方必見です。

平成のうちに法人成りをするといいことはあるのか!?

平成のうちに法人化する意味はハッキリ言って特にありません!

が、あえて、考えてみました!

歴史のある会社っぽさが出て、継続年数による信頼感が増すかも!?

将来的には、今から十数年経つ頃には「平成から存続している会社です」と、言えます。
今でいう有限会社のように「昔からやっている会社」「老舗感」が出せるようになる可能性はあります。

会社に対する信頼をはかる目安の一つに継続年数も入りますので、「平成から存続している会社」は価値が出る可能性もあります。

もしかしたら「平成」は、未来からするといい時代かも?

平成を生きている私たちからすると、そうでもないかもしれないですが
未来からすると平成の日本は、戦争もなく、飢餓もなく、もしかしたら平和でいい時代なのかもしれません。

未来のことは誰も分かりませんが、米中の緊迫した状況や移民政策などを考慮するともしかしたら、平成は憧れ古き良き時代になっているかもしれないです。

平成最後の・・・というフレーズが使える

新規顧客開拓の営業をするときは、ちょっとした小ネタがあると、話が弾みやすいです!
AIが進歩しても最終的に営業の仕事は残ると言われていますから、今まで以上に人間力が必要と言われているのが新元号からの時代です。

そんな中で「平成最後の法人化チャレンジしました!」と言うと
「あ~!あの頃、そのフレーズ流行りましたね~」とか
「えー!そんな理由で??(笑)」等と、話は弾みやすいかと思います。

コミュニケーションに自信がない方は、定番の小ネタとして使うのもアリかもしれません。

平成のうちに法人化したい場合はお早めに!

平成の間に法人化したかったから頑張ったけど、せっかく法人成りをしたのに、付け焼刃で作ってしまったがために使い勝手の悪い会社を作っても意味ありません。

法人成りをするには事前準備はしっかりしておく必要があります。

会社名が長すぎると後々不便になったり、ライバルと同じ名前になってしまうと顧客を取り合う結果になることもあります。

また、平成のうちに…と焦った結果、資本金を適当にしてしまうと、会社の信用度が低くなってしまい会社設立しても台無しになってしまいます。

これらは設立後に変えることは可能ですが、プラスで料金もかかるし、手間もかかります。
平成最後の登記も無駄になってしまっては意味もありません。

 

会社設立 全額キャッシュバックキャンペーン実施中

株式会社設立キャッシュバックキャンペーン

「よし!平成最後の会社設立をしよう!!」

そう決めた方はぜひ、平成最後の株式会社設立費用を全額キャッシュバックキャンペーンをご利用ください!

全額キャッシュバックキャンペーンをつかって、平成のうちに会社設立するには

平成のうちに会社設立するためには、日程をきちんと理解して会社設立を行う必要があります。

株式会社でも合同会社でも日程は同じです。

● お客様からのオウン書類が正しく押印されていること
● 期限日までに資料が弊社浦和オフィスに到着していること

これが条件です。

本店所在地が埼玉・東京

4月5日までに契約、4月19日までに押印書類をご返送

本店所在地が千葉・神奈川

4月5日までに契約、4月12日までに押印書類をご返送

 

サービスに関するご質問・お見積もり依頼は無料です 0120-700-663 または03-5380-1386にお電話ください 受付時間 10時〜18時(平日) メールでのお問い合わせ