こんにちは、佐藤です。
今回は箸休め的なほっこりしつつためになるお話をしようと思います。
いつもの経営のお話の、おまけ回です。

多くの動物病院さんで飼われている看板犬。
購入費用や餌代について、所得税や法人税ではどのように扱われるのでしょうか。

Q1.看板犬は経費になるの?
A1.はい。売上に貢献しているのであれば、犬の購入代金や餌代は、経費になります。

Q2.利益が出たら看板犬を購入して経費にしちゃう、はアリ?
A2.下記、中小企業者や個人事業主を前提にお話します。

スタッフや家族同様に大切な仲間である看板犬ですが、税務上はコピー機やパソコン同様の扱いになります。
中小企業者の定義についてはここでは触れませんが、動物病院のほとんどは該当するとお考えください。
30万円未満であれば飼い始めた事業年度の経費として全額経費にすることが出来ます。

中小企業者等の少額減価償却資産の取得価額の損金算入の特例

30万円以上の場合は、【器具及び備品】として固定資産として扱われます。
固定資産として計上する場合は、8年かけて、ゆっくり経費にしていきます。

このため、看板犬のご購入は30万円未満であれば決算対策になります、ということになります。
でも、なんとなく、ちょっと心情的に抵抗がありますね(笑)。

Q3.看板犬を経費にすることでかかってしまう税金があるって本当?

A3.はい、実はあります。

固定資産税です。
生き物にも固定資産税がかかるの???と驚かれるかもしれません。

かかるのです。

同じ「生き物」でも、乳牛や競走馬等には固定資産税は課税されませんが、看板犬は課税されます。

関連ページ

投稿者・投稿者チーム紹介

四谷監査3部 動物病院チーム
四谷監査3部 動物病院チーム
フランチャイズの税務を得意とする3部。
創業融資からサポートをはじめて、無理なくできる返済スケジュールや役員報酬まで創業時にまつわるお金のエキスパート!
創業期サポートの誠実さはもちろん、フランチャイザーとの協力で低価格・高品質なサポートを行い、お客様から高評価を頂いている。
フランチャイズとは全く関係ないが、動物好きが集まっていることから動物病院の税務にも力を入れている。税務を通して動物愛護中。
お問い合わせフォームへ
お問い合わせ