会社設立に伴う銀行口座の開設のポイント

 

銀行口座の開設について

会社を設立後にやらなくてはいけない事は税務署へ提出する書類(法人設立届出書)など多くありますが、銀行口座を開設するにあたりどの様な考えで銀行口座を開設されていますか?

 

とりあえず「メガバンク」にしよう!など色々考えて銀行口座を開設される方もいるかと思いますが、銀行口座をたくさん開設しても管理が大変になってしまいますので、銀行口座開設のポイントをお伝えさせて頂きます。

 

金融機関のそれぞれの特徴

信用金庫・地銀の口座開設

融資の事を考えているのであれば、地元の中小企業に密着(関係性が強い)している信用金庫・地銀とお付き合いする事をお薦めします!

 

また、ATMや店舗が少なく使いづらいと言う方もいらっしゃいますが、「しんきんゼロネットサービス」というものがあり全国のしんきんATMで利用手数料を支払うことなく、現金の引き出し、預け入れができるそうです。※時間帯等によって手数料は掛かる。

 

メガバンク

店舗やATMの数が多いので利用しやすさでは一番かと思います。また、銀行口座を開設するのに審査が通りづらいと言う観点からもメガバンクの口座があると取引先との信頼に繋がるかもしれません。

 

ネット銀行

ネットバンキングの利用料金や振込手数料が安いので入出金が多いお客様にはお勧めします!また、ネット銀行なので、店舗がないのでパソコン等を利用するのが苦手な方だと不便かもしれません。

 

 

銀行口座はどれぐらい開設する?

法人を設立した直後は2~3つの銀行口座で良いかと思います。

あまりいないかと思いますが、お勧めしないのは3つの銀行全てメガバンク等(笑)です。信用金庫とメガバンクなど利用用途を分けて銀行口座を開設しては如何でしょうか?

 

また、規模が大きくなり、店舗や商材が増えてそれぞれの売上等を管理したい場合は、その内容ごとに口座を分けた方がお金の流れが分かりやすくなるので複数の銀行口座を開設する事をお薦めします!

 

【まとめ】

銀行口座を開設するのに申請してから2週間程は掛かるケースが多いです。一つずつ銀行口座を開設する場合、一つ目の銀行口座が開設できなかった際は、次の銀行口座が開設できたとしても更に2週間程の時間が掛かってしまいます。(合計4週間程)

最初は一つの銀行口座の開設だけではなく同時(ネット銀行と信用金庫など)に2つ申請した方が良いかと思います。

 

また、「メガバンク」「信用金庫・地銀」「ネット銀行」とそれぞれに特徴があります。ご自身にはどの金融機関が適しているかを考え銀行口座を開設してみては如何でしょうか。

 

 


サービスに関するご質問・お見積もり依頼は無料です 0120-700-663 または03-5380-1386にお電話ください 受付時間 10時〜18時(平日) メールでのお問い合わせ