今すぐ誰にでもできる相続対策の1歩、その五

このコラムでわかること

  • 相続税対策の一歩目、試算の方法

このコラムをおすすめしたい人

  • 今まさに相続税対策をしはじめようとしている方

今すぐ誰にでもできる相続対策の1歩シリーズ第五弾は「相続税の試算」についてです。

最も効果的に相続税対策するならまず試算から!!

第一弾から相続対策として様々な方法をご紹介してきました。
しかし、ご紹介した方法を含め、様々な対策を実践されている方は多く見受けられますが、相続税の試算をされずに対策をたてられている方がほとんどのようです。

効果的かつ効率よく相続対策を進めて行くにあたり、相続税の試算は一番初めに行っていただきたいです。
そもそも自分に相続税が発生するのか、またいくらくらいの相続税が発生するかの試算をすることは、相続税対策の初めの一歩と言えます。

なので、まずはご自身の財産価額をざっくりと把握いただき、相続税がかかりそうかそうでないかを計算するところから始めましょう。
ざっくりとした計算にはなりますが、財産の合計額から基礎控除額を差し引いて、残りがマイナスとなれば相続税はかかってきません。
※相続税の基礎控除額は「3,000万円+600万円×法定相続人の数」で求められます。

詳細な試算や、特例が受けられるかどうかの検討については、税理士事務所にご相談ください。
YFPクレアでは初回のご相談を無料で承っています。ぜひ一度ご相談ください。

投稿者プロフィール

吉井
吉井
数年間、他税理士事務所にて資産税を経験したのち
「資産税のためには所得税や法人税にも詳しい方がいい」と思い
相続税だけではなく、資産を守るための事業をサポートしている
税理士法人YFPクレアへ転職。
深い知識をもとに第一線で活躍中!

お問合せ

相続、生前対策、相続税還付のご相談はお気軽に

※ 弊社は無理に営業することはございません。
※ 事前に相談なく、事例コラムなどに掲載することはございません。
※ お客様の許可なく、メールマガジンなどを送ることはございません。