義母が遺産を残すと言ってくれました。デメリットはありますか?

義母から「義兄、夫、私の3人に平等に遺産を残す」と言われました。
血はつながっていないけどいいのでしょうか?
義母がけがをしたときに私が介護をしたのですが、そのお礼と言われました。
義兄の奥さんが怒って、そんなのは無効だ!断れ!と私に言ってきます。
私たち夫婦には子供もいるし、頂けるのなら有難いのですが、
何かデメリットありますか?

こんにちは、YFPクレア資産税部の矢島です。
ご質問ありがとうございます。早速お答えしていきましょう。

質問者さまは相続人では無いので、現状では義母死亡時にはもらえません。
しかし、手続きをすれば受け取ることは可能ですし、義母の希望とのことですので、遠慮なさることはないかと思われます。
ただ、口頭での約束ややりとりでは現在の揉めたままとなってしまいます。

方法としては、
・公正証書遺言を書いてもらう。(揉めますので自筆の遺言ではダメです。)
・義理母の養子に入る。
・生前に贈与でもらう。
・契約者、被保険者は義母、受取人は私、夫で死亡保険金に加入してもらう。
(義母の健康状態から加入できない場合もあります。)

などがありますが、何はともあれ円満が一番です。

全員集まり「3人平等に遺産を渡したいのでこのようにする」と義母本人の口から言ってもらうことが一番だと思います。

デメリットについてですが、発生する相続税(生前贈与を行う場合は贈与税)の支払いくらいのものではないでしょうか。
(義兄の奥さんと仲違いしてしまう可能性もデメリットと言えばデメリットですが……)

ともあれ、話し合いをきちんとして、悲しい相続となってしまわないようにしていきましょう。

 

お応えした人のご紹介 矢島

ご覧いただきましてありがとうございます!
新しい方からのご相談、楽しみにしております。
相続や贈与は調べれば調べるほど、分からないことが出てきてしまったり、
不動産、自社株式、上場株式など資産の数が増えるほど
対策やノウハウが必要になってくるので腕の見せ所です。
お客様が大切にされてきたものを、次の世代に引き継いでいくのが相続や贈与。
実際の相続でお金で揉めることがないように、
生前からの相続対策の相談に乗るのが得意なので、お任せください!