「謄本」と「抄本」の違いって何?

謄本と抄本の違い

戸籍謄本を取得のため市町村役場へ行き、申請書を記入しようとすると「謄本」と「抄本」の文字が。この2つの違いはなんですか?

ご質問ありがとうございます。税理士法人YFPクレア 資産税部の木村がお応え致します。

まず読み方から

「謄本」→「とうほん」
「抄本」→「しょうほん」

と読みます。

さらにコンピュータ化されているところでは
「謄本」を「全部事項証明」
「抄本」を「一部事項証明」
と呼んでいます。

次にこの2つの違いを見ていきましょう。

簡単に言うと

「謄本」は全部、「抄本」は一部という違いになります。

「戸籍謄本」は1つの戸籍に記載されている全員の身分関係を写したもので
「戸籍抄本」は1つの戸籍に記載されている一部の人の情報を写したものです。

なので申請書の「個人事項証明書(抄本)」の欄には「必要な人」の記載があり

個人名を記載する必要があります。

相続税申告の場合には全員分の身分関係が記載されている「戸籍謄本」を取得すれば大丈夫です。

投稿者プロフィール

木村
木村
2018年 税理士法人YFPクレアに入社。
未経験からスタートし、持ち前のまじめさと不屈の精神で
相続税申告のお手伝いから今では担当者に。
もともと素人だったからこそ、丁寧でわかりやすいと評判です。

お問合せ

相続、生前対策、相続税還付のご相談はお気軽に

※ 弊社は無理に営業することはございません。
※ 事前に相談なく、事例コラムなどに掲載することはございません。
※ お客様の許可なく、メールマガジンなどを送ることはございません。