相続税の額が高すぎて払えない…主に田舎の土地です。どうしたらいいでしょうか?

田舎の土地の相続税申告

このコラムでわかること

相続税が高すぎるときの対処法

質問:相続税がはらえない場合どうすればいいですか?
資産額が大きすぎて、現時点では相続できません。
放棄するのも難しそうで、今からせっせと働いてお金を貯めたところで間に合う金額ではないです。主に田舎の土地です。何か方法はあるでしょうか?

ご相談ありがとうございます。

 

財産が田舎の土地ということなのですが、まず処分を考えてください。

使わないところはできるだけ買ってくれる人を探す・・・で、現金に変えられるのであれば全部現金に変える。

まず、貰っても困るものは処分する努力をしましょう。

 

相続税を一括で無理でも年100万円ずつならなんとかなど分割で払えるか検討しましょう。

 

それをやっても、どうしても払えない場合は、これだけはあの田舎の土地だけを放棄するってことは難しいので、もう全体を放棄するっていうことになりますね。放棄するのが難しい理由がわからないので具体的な方法はご説明できませんが、一般的に相続放棄は生前の準備が大切になります。

相続財産に自宅がある場合は自宅も放棄することになるのでそこには住めなくなります。遺産の中の「あの自宅は欲しい。けれど、それ以外の土地はいらない」と都合がいい部分だけをチョイスして相続することは出来ません。

事前に自宅を贈与して別の人(例えば配偶者)のものにしておく、売却して現金化しその現金で生命保険に加入し死亡保険金で受け取れるようにするなど対策が必要になります。

もちろん贈与すれば贈与税が、売却すれば所得税がかかってきますが、相続放棄して何もなくなってしまうことを防ぐためには有効な手段でしょう。

生命保険金は相続放棄していても遺産ではないため受けとることができます。遺産の現預金は相続放棄するとなくなってしまいますが、死亡保険金としてまとまったお金を受け取ることができますため残された家族の生活を守るためにも検討してみましょう。

いずれにしろ不動産を金銭等に換えないことには納税もできません。相続放棄は相続後3カ月以内にしなくてはなりませんのでなくなってからでは時間があまりにも足りません。

まず、財産を整理する方法をできる限り考えてください。同時に相続放棄をした場合の影響を弁護士さんに相談しながらピックアップして、ひとつずつ解決することが大事でしょう。

 

投稿者プロフィール

税理士法人YFPクレア 資産税チーム
税理士法人YFPクレア 資産税チーム
税理士法人YFPクレアの相続専門チームは相続税だけではなく、
資産を守るための「法人税」「所得税」などにも精通し、
次世代、次々世代のために資産を長く資産を残していただくための
相続を行っています。

お問合せ

相続、生前対策、相続税還付のご相談はお気軽に

※ 弊社は無理に営業することはございません。
※ 事前に相談なく、事例コラムなどに掲載することはございません。
※ お客様の許可なく、メールマガジンなどを送ることはございません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です