相続財産が不動産1つしかない場合、2人の子供が喧嘩せずに相続するには?

相続税対策と生前贈与

このコラムでわかること

1つしかない不動産をけんかにならずに分ける方法

60代の夫婦です。
主人がそろそろ定年退職するので、元気なうちに相続対策をして
老後の楽しい生活をしよう!ってことになりました。
どれほど子供たちにお金を残すか…とも考えたのですが、子ども2人とも元気に楽しく働いているようで「お金を残さなくていいから、元気で楽しんでて!」と言われました。
(中略)
もし、私たちが老後を楽しみを満喫し、お金が残らない状態だった場合、自宅のみが相続対象になります。
でも、2人が嫌な思いをしないように相続したいと思っているのですが
自宅(新宿区内)の家と土地と同じくらいの金額は残せそうにありません。
どうしたらいいでしょうか?何かいい方法はありませんか?

 

今回の話は相続の話というよりは、どちらかというと遺産の分割というお話になります。

遺産のほとんどが自宅の土地建物で、それ以外にほとんど財産がない場合、遺産を相続分で相続することは難しくなります。
方法は大きく分けると2つほど考えられます。

一つ目は、遺産のほとんどを占める不動産を共同で売却し、お金に換えて相続する方法。
この方法は自宅が手元に残りませんが分割しやすい現金に財産がかわります。ただし、買い手が見つかる不動産であることが前提です。

もう一つは、不動産と同じぐらいの金額がおりる生命保険に加入し、相続が発生したら一人は不動産を相続、一人は生命保険で受け取りバランスを取る方法。「不動産もらうよりもお金が欲しいわ」と全員がお金を欲しがり揉めることもあるので話し合い次第です。
また、生命保険は遺留分の計算に関係しないということもありますため、そのあたりもきちんと相続人に話して伝えておく必要があります。

その他、相続人個人に資金力があれば、代償分割という選択もできます。
一人が相続財産を全部相続し、その代わりにもう一人の相続人に自分の預金から相続財産の半分に相当する金額を渡す方法。
相続人にかなりの資金力が求められ現実的には難しい方法です。

どのやり方にもメリットとデメリットがあり、自分の家族の場合にはどうかなと考えていくことが大事です。

 

お問合せ

相続、生前対策、相続税還付のご相談はお気軽に

※ 弊社は無理に営業することはございません。
※ 事前に相談なく、事例コラムなどに掲載することはございません。
※ お客様の許可なく、メールマガジンなどを送ることはございません。