商業登記

商業登記は、会社設立をする際の法人登記や、役員変更、株式発行数の変更等、
主に会社の定款に記載している内容を変更する際に行う手続きです。

経営を行っている上で、必ず発生する手続きです。

【注意】期限があります!

商業登記には、期限があります。
例えば、会社の登記事項(登記簿に記載される事項:商号・目的・本店・役員)に変更があった場合は、
2週間以内に登記をしなければなりません。
もしこの期限を過ぎてしまった場合には、100万円以下の罰金を課せられる可能性がありますので、
必ず期限内に登記するようにしましょう。

なお、平成18年に新会社法へと移行したことによって、各種変更をご検討の場合にはご相談下さい。
 
(例)変更登記
・有限会社→合同会社又は、株式会社へ
・合名会社・合資会社→合同会社へ
・役員任期の延長
・取締役人数の変更
・無議決権株式の発行
など
 
当事務所では、司法書士と提携しておりますので、商業登記への対応もお任せ下さい。

サービス内容

商業登記に必要な書類は、弊所にて作成致しますので、
お客様は書類に押印して頂くだけです。
当事務所の提携司法書士が、商業登記を代行させて頂きます。

料金

3万円~
※上記以外に、国に収める登録免許税は別途必要です。

関連ページ

税務顧問サービス
顧問税理士にした場合はどんなサービスがあるのかはこちらからご確認ください!

企業・会社設立サポートオフィス
一般社団法人、一般財団法人、NPO法人、農業法人、社会福祉法人、学校法人の設立はこちら

医療法人設立パック
医療法人設立おまかせパック55万円

サービスに関するご質問・お見積もり依頼は無料です 0120-700-663 または03-5380-1386にお電話ください 受付時間 10時〜18時(平日) メールでのお問い合わせ