Macで会計を希望される方へ

Mac愛好家のみなさまへ

mac(マック)対応の税理士ですこれだけアップル社のMac(マック)が増えてきたにも関わらず、Mac対応の会計ソフトは少ないのが現状です。 最大手のTKC(ティーケーシー)や弥生でも、Mac(マック)は非対応です。

Mac愛好家様、Macユーザー様には大変お手数をおかけしますが、Windowsのパソコンのご購入を頂くか、記帳代行(弊社で丸抱え)をさせて頂いていました。 しかし、Mac愛好家様はやはり、Windowsには触れたくない…Macだけで仕事を終わらせたいとお考えの方もいらっしゃるでしょう。
そうなると、弊社で丸抱えで記帳代行をするという選択になりますが、 「自分の会社の会計は自身でちゃんと把握したい。」というご要望はもちろんあるかと思います。
ご安心ください。税理士法人YFPクレアでは、Mac(マック)に対応できる会計ソフトを利用して会計を行うことが出来ます。  

方法1 クラウド会計を使う

クラウド会計freee(フリー)はmac(マック)対応

MFクラウドはMac(マック)対応

クラウド型の会計ソフトは数社あります。 freee、MF、弥生クラウドが大手3社です。

全てのクラウド会計に対応しております。
それぞれ特長があります。

クラウド会計のよい点として、ネットバンキングやクレジットカードとの連動により、仕訳が楽にできます。
勘定科目の自動割振りの機能もある他、他にも新しい機能のアップも行われています。

クラウドなので、質問があれば電話やメール、チャットワークなどの連絡手段を用いて、画面を見ながら離れていてもご相談できますので、すぐに疑問を解決した経営者様に喜んでいただいています。

ただ、ご相談で「簡単そうだからクラウド会計を選んだが思ってたよりわからなかった」「全自動だと思ってた」などのご質問や勘違いからご相談も多く、初期設定で誤ってしまったため、後の仕訳がすべて間違ってしまったケースもあります。
そうならない為にも、税理士のサポートをつけられた方がいいかと思います。

税理士法人YFPクレアでは、Macを使いながらでも、
会社の規模や事業内容に適した会計ソフトをご提案させて頂きます!

Macユーザーの経営者様もご安心して、ご相談下さい。

方法2 仮想Windowsを入れて使う

Mac(マック)対応税理士です。仮想Windows可能です仮装環境構築ソフト(例:VMware Player)を使うことで、1台のコンピュータで、1つ以上のOS上を再起動なしで実行することができるので、様々な動作テストを効率よく行うことができます。
コストも時間も手間もかかりません。

その中に、TKCや弥生会計などの会計ソフトを入れることは可能です。

NPO法人や介護など、特殊な会計が必要な場合は会計を楽に、間違いを少なくするために専用ソフトを使われることをオススメしております。

そのような場合は仮想Windowsをオススメ致します。

また「TKCのソフトを使いたい!」「弥生会計に慣れている」「会計王を使いたい」等のご要望もこの方法ならば可能です。TKCや弥生会計、会計王でもネットバンキングやクレジットカードとの連動は可能で、仕訳は大変効率的にできます。

TKCでは、経営分析や損益分岐点分析などの分析機能も充実。
しっかり分析を行っていきたい方にはお勧め致します。

税理士法人YFPクレアでは、Macを使いながらでも、
会社の規模や事業内容に合った会計ソフトをご提案させて頂きます!

Macユーザーの経営者様もご安心して、ご相談下さい。

関連ページ

税務顧問サービス

クラウド会計サービス

会計ソフトTKC

FX4クラウド

戦略財務情報システム FX2

クラウド会計freee

MFクラウド


サービスに関するご質問・お見積もり依頼は無料です 0120-700-663 または03-5380-1386にお電話ください 受付時間 10時〜18時(平日) メールでのお問い合わせ