住宅ローン控除の確定申告 


税理士サポート

面倒な手続き22,000円(税込)でサポート

ふるさと納税、医療費控除、住宅ローン控除の初年度の確定申告があっても承ります

住宅ローン控除を受けたいけど、


自分では無理、やりたくない!
そんな方のためのサービスです。

住宅ローン控除とは?

住宅ローン控除は「住宅借入金等特別控除」の通称で、住宅ローン減税と言うこともあります。

個人が住宅ローンを利用してマイホームを新築、取得、増改築等をした場合に一定要件を満たすと、


住宅ローンの残高をもとに計算して数年間、税額控除出来る制度です。

2022年 住宅ローン控除の税制改正のポイント

  • 控除率0.7% 最長13年間に変更
  • 住宅の環境性能等に応じて借入限度額を上乗せされる
  • 2024年以降に建築確認を受ける新築住宅は省エネ基準適合の要件化
  • 中古住宅の築年数要件を、昭和57年以降に建築された住宅に緩和
  • 新築住宅の床面積(マンションは内法面積)要件を50㎡以上から40㎡以上に緩和。(合計所得金額1,000万円以下に限る)
  • 適用対象者の所得要件を合計所得金額3,000万円以下から2,000万円以下に引下げ。

ご注意

Attention

1、当サービスは、より低価格でご提供するため、
下記のご条件をつけさせて頂いております。

医療費控除サービスを受けるための条件 チェックリスト

  • チャットワークで資料の受け渡し等を行います。
    LINE、slack、メール、郵送では行いませんのでご了承下さい。
    チャットワークは無料でアカウントを作れますので、持っていない方には作成をお願いしております。
  • 料金は前金制です。
  • お支払いは paypay または お振込みです。
    振込手数料はお客様のご負担でお願いします。

2、給与以外に所得があり、確定申告が必要な場合は
副業であっても事業用の確定申告プランにて承ります。

最近はサラリーマンでも副業をされている方も多くいらっしゃいます。
20万円以下であっても、確定申告を行う場合はその所得も一緒に確定申告を行う必要がありますのでご了承下さい。

チャットワークで円滑なコミュニケーション

チャットワークの良さ

税理士法人YFPクレアは、全スタッフがチャットワーク導入済みです。
チャットワークは、LINEのようなチャットツールで、ビジネス用に特化されています。

  • 官庁も採用する高セキュリティ
  • 添付ファイルの保存期間も長い
  • 検索もスムーズ
  • 電話やテレビ会議の機能があるからが都合次第ですぐに相談も可能
  • 税理士、税務担当、労務担当を含めた情報共有

住宅ローン控除 代行サポート

お問い合わせ

電話 または ホームページからお申し込み下さい。

サービスの条件等をご覧の上、ご不明点もお気軽にお問い合わせ下さい。

STEP
1

電話面談 → クラウド契約 → ご入金(前金)

電話やメールで条件の確認を行います。ご質問がございましたら、このときにご相談下さい。

ご納得頂けましたら、クラウド上の契約書にてご契約となります。

ご入金はpaypay または お振込み(振込手数料はお客様負担でお願いしております)にてお願いします。

STEP
2

チャットワークで資料を送って下さい

STEP2が終わりましたら、チャットワークにご招待致します。
そこではベテランスタッフにより、更に細かくヒヤリングをさせて頂き、必要書類をご用意頂きます。

必要書類が揃いましたら、PDFか写真をチャットワークにてお送り下さい。

STEP
3

医療費・住宅ローン控除チームが確定申告書の作成

医療費・住宅ローン控除チームが医療費の集計、確定申告書の作成を行います。

全ての確定申告はベテランが検算を行ったあと、お客様にご確認いただきましたら、電子申告にて申告致します。

STEP
4

還付をお待ち下さい

還付は申告の1~2ヶ月程度で行われます。

還付される前後にはがきが届きますので、金額をお確かめ下さい。

STEP
5

住宅ローン控除 代行料金(税込)

事業なし・副業なしの場合

22,000円 (給与のみ)

サラリーマンの確定申告のオプション

ふるさと納税 3,300円(20枚まで)

医療費控除 11,000円(50枚まで)

雑損控除 5,500円

事業・副業がある場合

71,500円~

*上記の料金は全て税込価格での表示となっています。

お問い合わせフォームへ
お問い合わせ