会社設立の基礎知識

会社を設立すると言っても、実際には大きく分けて
4つの形態が会社法では定められています。

出資者と経営者が分離している「株式会社」
出資者と経営者が分離していない「持分会社」があり、
持分会社は更に「合名会社」「合資会社」「合同会社」の3種類に分類されます。

それぞれに特徴がありますので、ご自身の起業スタイルに合わせて決められると良いでしょう。

会社の種類

①株式会社について

株式会社の特徴として、会社のオーナー(株主)と経営者(取締役)が分離しているということがあります。

株式会社を設立するメリットとして、大きく以下の三点が挙げられます。

1.より多くの資本を集めることが出来る

会社の所有と経営が分離している為、より多くの資本を集めることが出来ます。
万が一のことがあっても、出資額以上に責任を問われることはなく、個人資産は守られます。

また、会社形態を取った方が金融機関から融資も受けやすいです。

2.社会的信用度が高く、対外的なイメージが良い

会社の登記をすることで、登記簿謄本に記載されます。
取引先は登記簿謄本によって会社の概要を調べることがある為、
取引の際に安心と信頼を与えることが出来ます。

3.赤字を翌年以降に繰り越すことができる。(持分会社も可能)

青色申告の特典として、ある年に赤字が出たとしても
翌年以降の黒字所得と相殺して税金を計算することが出来ます。

また、ある年に赤字が出ても前年が黒字だった場合には、
前年の税金から赤字分の還付を受けることが出来ます。

>>>株式会社の設立はこちら

②合同会社(LLC)について

社員全員が有限責任を持つ会社です。

株式会社とは異なり、出資者の権利も出資比率に応じたものでは無く、
原則として総社員の同意に基づき、会社定款変更や意思決定を行っています。

新会社法施行により新しく創設されました。

会社の形態、メリットデメリットを良くお確かめになり、
ご自身の起業スタイルに合う方を選択されると良いでしょう。
どちらの方が適しているかについてのご相談も受け付けております。

>>>合同会社の設立はこちら


サービスに関するご質問・お見積もり依頼は無料です 0120-700-663 または03-5380-1386にお電話ください 受付時間 10時〜18時(平日) メールでのお問い合わせ