渋谷で騒ぐ人たちには、海外まで応援しに行くサポーターを見習ってほしい。

こんにちは、税理士法人YFPクレア 営業部の越尾です。

今日は日本代表戦です。
西野監督の采配、大迫選手の半端ないプレーに、本田選手のプロのプレーなどなどFIFAランク上位のチームに対してグイグイですね。

サッカーは4年の1度しか見ない私も、あまりのイケメンっぷりにキュンキュンしております。今夜もテレビの前で応援したいと思います。

コロンビア戦、セネガル戦と試合の後に日本のサポーターが会場の掃除をしたことが海外メディアでも報じられました。セネガル戦ではセネガルのサポーターも一緒に掃除し、いい文化が他国にも広がりつつあるようです。今までも日本のサポーターが会場の掃除をする様は報道されてきましたが、相手チームのサポーターも一緒に掃除をしたというのは、私が知る中では初めてです。

こうやっていい文化が広がっていったら…平和で戦争や紛争のない世界にならないかな…と風が吹けば桶屋が儲かるレベルのつながりかもしれないけれど、「ちょっぴりハッピー」な人たちが増えるのではないかなぁと期待しています。

さっきまで戦っていた人同士でも、試合が終われば同じスポーツを愛する仲間に・・・
平和だなぁって。思います。

一方、東京では渋谷で大騒ぎです。

先日のセネガル戦では缶を投げつける危険行為をする人もいたそうで、DJポリスも怒ったそうです。
何なのでしょうか。この違いは・・・

騒ぎたいだけなのは周知の事実で、寂しがり屋の騒ぎ好きなのはよーーーくわかっています。

でも、仮に、日本代表のユニフォームを着てそれっぽく応援するならば、ちゃんとルールは守って安全にしてほしいものです。

また、渋谷の街を自分たちできれいにする気概くらい見せてほしいものです。

騒ぐだけ騒いで、警察や消防を出動させ、汚すだけ汚していくのならば、それは応援ではなくただの迷惑行為です。

税金の無駄遣いになるので、家でおとなしくしていて頂きたいです。

それでも大騒ぎしたい人は、普段しっかり働いて、しっかり世の中に貢献して、いっぱい納税してもらいたいものです。所得税、消費税、住民税はもちろん、大騒ぎしてケガする可能性もあるので健康保険もお願いします。出来れば渋谷区にふるさと納税もしましょう。(あるか知らないけど)

自分たちが出したごみは全部自宅に持ち帰るのは最低限のマナーだと思います。
コンビニなどで買ったものは、買ったものだけを買ったお店に捨てるようにしましょう。
コンビニのごみ箱はなんでも捨てていいものではないし、オーナーは産業廃棄物としてお金かけて捨てています。タダではありません。

大阪の戎橋(通称:ひっかけばし)でも大騒ぎして、道頓堀へ飛び込む人たちが多発していますが、道頓堀は便器より汚いといわれるほど汚いです。便器の中に飛び込むなんて、すっごい勇者だとは思いますが、正直近づいてほしくないです・・・臭そうだし・・・

実際、明るい時に道頓堀を見ると緑色に澱んでいて、ペットボトルやなんだか怪しげな白いものが浮いていたりします。

そんな中に飛び込んで病気やケガした場合、社会保険を使われる訳なので、やはりしっかり社会保険料を払っていただきたいです。社会保険料は所得に応じるので、しっかり働いて、社会貢献し、その結果の報酬をもらって、その一部を納税してほしいものです。

ただ、入院とかになった場合、通常ならば生命保険が適用されるはずですが、道頓堀に自ら飛び込んだ場合の生命保険はどうなるのでしょうか。

今度、大同生命の担当のM様に聞いてみようと思います。

だらだらと書いてしまいましたが、渋谷や道頓堀で大騒ぎしている人たちも、ロシアまで応援に行っているサポーターの如く、清く正しく美しくあってほしいなぁと思います。

担当者ブログの最新記事

サービスに関するご質問・お見積もり依頼は無料です 0120-700-663 または03-5380-1386にお電話ください 受付時間 10時〜18時(平日) メールでのお問い合わせ