消費税

消費税の軽減税率は税率が上がるだけではなく、多くの税理士の顧問費用も上がります。

こんにちは、税理士法人YFPクレア 営業部の越尾です。

2019年10月1日。この日に日本は初の消費税の軽減税率がスタートします。

皆様は準備できましたか?

税理士法人YFPクレアは出来ていません。

各会計ソフトの対応や競合他社の様子を伺いつつ、弊社で行う作業量の増加等を計算したりして、準備をしております。

どう自動化システムを導入しようとも、作業時間が増えてしまい、結果的にお客様にご負担いただく顧問料金(正確には記帳代行料金や、消費税申告料)がどうしても増えてしまいます。

弊社としても、クラウド会計やfintechが出回るようになってきて、すべて手入力していた時代から少しずつ自動化ができるようになるのでは?と期待を込めたのに、思ったより自動化にならず肩透かしを食らっている上、国による増税のせいでお客様にとってプラスにならない内容に時間を割かねばならなくなってしまったことは非常に不本意に思っております。

あらゆるものに八つ当たりをしたいほどに、消費税の増税と軽減税率に関しては反対の姿勢を貫いている私ですが、一国民の意見なんて通るわけもなく、どうしたら先延ばしになるかを社内で揉むものの、2,3人の国民の意見なんてやはり通るわけはなく、むなしく仕事に戻っていく日々です。

最近の税理士法人YFPクレアでは、クラウド会計…というよりも、最近は通称:ロボ(RPA)と呼ばれるシステムを社内で構築し、何とかしてお客様にご満足いただけるサービスができるように工夫をしているほどに、作業にかける時間を減らし、お客様にとってプラスになるサービスができるように時間を作りたい、値上げせずにご満足頂けるサービスをしたいと思っている所存でございます。
しかし、様々な工夫をしているのにも拘らず、昨今の人件費の上昇もあり、今のままではマイナスになってしまうのです。

現在、税理士事務所は2分割されようとしています。

1つは「格安だけど、責任はもたない税理士」
もう一つは「価格は高いけど、一つずつ丁寧で責任をもつ税理士」

消費税の軽減税率がスタートしてしまうことによって、これからは領収書1枚1枚をチェックしなければ正しい経理は出来ません。

税理士法人YFPクレアはいつになってもお客様にご安心頂ける、ご満足いただける税理士事務所でありたい!そう願っておりますので、誠に不本意ではありますが、10月から値上げをさせて頂くかと思います。今後もお客様にはご愛顧頂けるように最新の税務や正しい経理、国も認める有効な節税対策などをご提供できるよう、努めてまいりますので、今後ともよろしくお願いいたします。

<< 前の記事を見る
サービスに関するご質問・お見積もり依頼は無料です 0120-700-663 または03-5380-1386にお電話ください 受付時間 10時〜18時(平日) メールでのお問い合わせ