新型コロナよりコロナショックの殺傷能力は300倍!?

新型コロナと不景気どっちが怖い?

こんにちは、税理士法人YFPクレアの越尾です。

気が付けば電車に最後に乗ったのが1か月前…最後にYFPクレアの会議に行って以来、電車に乗っていません。移動はもっぱら自家用車。たまーに義実家や実家に行ったり、大型スーパーに買い物に行くくらいで電車に乗って横浜に…ということはクルーズ船以降、まったくしなくなりました。

新型コロナウイルス関連の助成金と融資施策」を更新するにあたり、東京都や神奈川、埼玉、千葉の制度融資について調べる際に、色々見ていたところ東京都の新型コロナ対策サイトを見つけました。

私はテレビがないので、基本的にパソコンやスマートフォンから情報を得ていますが、意外と検査されているんだなーと感じました。

コロナ 東京都情報

3月9日11:00時点で、1233人の検査をして陽性は64人。倦怠感がある、熱が37.5度以上が4日間以上続く…という人が5.2%。患者も64人中22人は既に退院しているとのこと。

なるほど。さようでございましたか!

薬がない…ということには違いはありませんが、この時期に風邪のような症状が出ても95%の人は陰性と出る…ということです。もちろん、「だから大丈夫!」「だから出歩いてOK!」ということではありませんが、落ち着いて行動をとるってことが一番大事なのではないでしょうか?

かつて、2011年3月11日に起きた東日本大震災において、東北の被災者の方々の民度の高さは全世界に驚嘆を与えたといいます。

誰もが食べ物がない中、一人一人が必要な食糧だけを床から拾い上げ、レジに持っていき会計をする…そんな姿に「日本という国の美しさ、尊さ」を知って興味を持ってくださった海外の方も多かった…と聞きます。

それが今回、コロナパニックで、マスクは高値で転売、トイレットペーパーは買占め(何年分買占めてんの?って言う人もいるみたいですね笑 別に工場が閉鎖してるわけじゃないのに)。ずいぶんと民度の低いお国になり下がったもので、ガッカリですわ。

そんな私ですが、昨日、トイレットペーパーがいっぱい届きました。昨年末のふるさと納税が届いたのですよ、このタイミングで(笑)ふるさと納税とあって、普段はセール品の安物ばかりを使ってきたのですが、高級トイレットペーパーの肌触りに興奮しております。

 

さて、本題に入りましょうか。

今回、新型コロナの影響で何千人もの日本人も亡くなってしまうのではないか!?と恐怖を感じていた私ですが、思っていたよりも殺傷能力が低いことに、少し安心しました。(だからと言って油断はなりませんが!!!)
賢い日本人の方々が沢山いらっしゃいまして、手洗い・うがいという衛生の基礎基本の徹底を全国で行い、先ほどの東京都の新型コロナ対策サイトでも見て取れる通り、東京のラッシュ時間の電車の使用量が20%も減少している状況ですので、国民が危機感を持って対処した結果と言えるのかもしれません。

楽観的に考えるわけではないのですが、夏になるにつれて、新型コロナの感染者も減り、薬の開発も進むことで、新型コロナの感染の恐怖からは解放されるでしょう。

次の恐怖は世界大恐慌です。

特に日本は口を酸っぱくして言いますが、新型コロナの影響が出る前の2019年10月~12月の実質GDPが年率-7.1%。しかも、今回の消費増税は「名目GDPまで下がっている」ということで、日本国民がお金を使わなくなった!ってことです。2%の増税を侮ることなかれ。たった2%がマイナス7.1%を引き起こしたわけですからね。
しかも、頼りきっていたインバウンドはすぐに途絶えました。

そりゃそうです。3.11のときも日本にいた外国人はクモの子散らしたかのように帰国していきました。インバウンドに頼るというのは赤ふんどしでバイクにまたがり薄氷の上を爆走するような行為です。
逆の立場になればすぐにわかりますが、もし自分が1月に武漢に行ってたら、1秒でも早く日本に帰って家族に会いたいってなりますよね。安全な国にいたい、危ない国には行きたくない、と思うのは人間として普通な感情かと思います。

ただ、3.11のときは、世界中が日本に同情して下さり、たくさんの寄付や温かい気持ちで寄り添って下ったため、日本は復興できました。復興支援のために尽力下った皆様、ありがとうございます!
しかし、今回は話が違います。

災害ではなく病気。しかも、日本国内だけではなく、全世界で同じことが起こっているわけですから、誰も同情なんてしてくれませんし、助けてくれる人なんていません。

今回のコロナショックは、リーマンショック以上の世界恐慌を引き起こすのでは?と言われています。
リーマンショック時の日本では1日平均100人の自殺者が出ました。
新型コロナでの死者は現在15人。春節の1月24日から換算すると新型コロナの死者は0.3人/日です。程度と比べると、不景気の殺傷能力は新型コロナの300倍あるやんか!!!

私は経済学者ではないし、大雑把な計算だとは思います。
しかし、税理士法人YFPクレアのお客様が新型コロナに感染して亡くなるよりも、税理士法人YFPクレアのお客様が首くくることの方が確率的に高い。契約した時に「頼りなる担当者にしてくれてありがとう」「越尾さんのおかげで安心できたよ!」と声をかけてくれたお客様の笑顔を思い出すと、嗚呼どうか、あの笑顔を守りたい…と願わずにはいられません。

何を隠そう、私もリーマンショック時、営業成績が悪すぎて上司からパワハラを受け、毎日海に沈もうか、会社に火をつけようか…会社で首吊ろうか…いっそのこと営業車で単身事故を起こせば…と死ぬことばかりを考えていました。今は本当に幸せで、あの時、クソ上司のパワハラのために死ななくてよかった…と思うからこそ、今回のコロナショックによる不景気で自殺者がコロナの病死者をはるかに超えることが不安です。

その不安が原動力になって、新型コロナ対策の融資・助成金・補助金まとめを作っていたわけです。(相当頑張った!)

このままでは、インバウンドに頼っていた個人経営の旅館などから次々に倒産していくことでしょう。いつまで続くかわからないコロナショックから立ち上がるためには、まずはコロナ感染を防ぐというのはもちろんですが、インバウンドに頼らない内需を底上げすることが今は一番大事だと思います。

インバウンドに頼るのは100点を105点に押し上げる程度の加点程度にしてほしいです。
赤ふんどしでバイクにまたがり薄氷の上を爆走するような危ういことをしたくないですからね。

特に、今回のコロナ騒動で分かったこととして「高齢者はじっとしていられない!」という特性がわかったので、お金を持ってて暇を持て余している高齢者たちにはうんと国内旅行をして頂きたい!と思っております。それこそ、都会の高齢者は1~2週間くらい国内旅行でぶらり旅をしてほしいものです。

今、政府は子持ち家庭にお金を配ることでコロナショックを乗り切ろうとまたアホなことを考えています。アホですよね。コロナショックの一番の大きな原因はコロナそのものではなく、国民の不安が原因です。
来月になったら我が家も子供がいる家庭になる予定です。今、3万円をもらっても、おそらく私は投資に回します。なぜなら、不安だから

今は旦那さんも働ける。私も有難いことに仕事がある。そこそこ貯金もある。
だけど、一寸先は闇!
ならば、余剰金は子供が大学に行くときのための資金にするために時間をかけて投資…しかも今は円高だし株価も暴落しているからやるなら今ですからね。今生まれた子供が大学受験をするときには立派な投資になるはずです。

日本国内の景気に期待できないならば、我が子を思う気持ちと諸刃の剣になってしまうけど、海外に投資することでしょう。不安になるほど、お金は使わないですからね。

だから、お金を配ることはあまり意味ないと思います。
(もちろん、本当にピンチの家庭もあると思うけど・・・)
それ以上に、既に国民の財布のひもを堅くしたのが実証されている消費税を下げるのが一番いいと思います。今回のコロナ騒動でスポーツジムやクルーズ船で活躍した高齢者の皆様にまた活躍してもらいましょう。ため込んだお金と年金を、日本国の現役世代のために、消費しまくってもらいましょう!!それも国内で消費してもらわなければいけませんからね。

税金の役割でもお伝えした通り、税金の役割の中には「流行らせたいものを流行らせ、沈めたいものを沈めるために使うのが税金」です。消費を減速したいときは消費税を増税し、消費を加速させたいときは消費税を減税する。今は、コロナショックで凍り付いた消費を溶かし、日本経済に春の訪れをさせるためには消費税がカギ!!

先ほどのバラマキとは逆で、消費税が下がるのが今だけ限定!となると、限定に弱い日本人で食いつく人は多いと思います。家を買おう、車を買おう、旅行に出かけよう、外食もしちゃおう、ついでにラーメンも替え玉もしちゃおうかな?という感じに。
特に旅行は財布のひもが緩みやすいですからね。旅行先で1人2500円もする海鮮丼を食べるくらいなら近所の魚屋でお刺身盛り合わせ1000円を買う方が量いっぱい食べられると思いそうなのに、旅行というテンションはそれを吹っ飛び、ご当地グルメを食べてしまうのが人っていうやつなのです。人の頭の中には旅行などの特別な日の会計は別勘定になるようになっているらしい。つまり、特別な日を増やしてもらうことが消費拡大のもと!!だから昨年のゴールデンウィークを拡張したのでしょ?

これが出来たら、安倍政権に対して今までアホバカカス呼ばわりしてきたことをきちんと謝ります。
それも8%ではなく、5%以下にしてほしいですね。
出来なかったら安倍政権は長かった割に消費税を5%も増税だけして、日本を三流国家に沈没させただけのクソ政権だったなぁと歴史に名を刻むでしょう。

安倍さん、「美しい国 日本」に戻すためには、今しかありませんよ。タイムリミットは見えてますよ~~

 

新型コロナに関する情報

 

 

▼ この記事を書いた人

越尾の写真

税理士法人YFPクレア
営業部・ウェブ担当 越尾

趣味はドラクエとSEO。 当初300PVだったこのサイトも今は広告なしで25,000PVを越え、 集客・採用共にうまくいっているのでゴキゲンな様子。 今後はお客様のサイトでも同様の成果を出して儲かってほしい! と願っているものの、あまりホームページ作成サービスの依頼がないことにガッカリしている。

▼ 担当者のオススメ

担当者ブログの最新記事

消費税の最新記事

サービスに関するご質問・お見積もり依頼は無料です 0120-700-663 または03-5380-1386にお電話ください 受付時間 10時〜18時(平日) メールでのお問い合わせ