歯医者に行ってきました

こんにちは、税理士法人YFPクレア 越尾です。

先々月、ストレートネックになってしまい整形外科に通っておりました。日頃の行いがいいにも関わらずPCとスマホの使いすぎによる首への負担が重くなってしまい、ストレートネックに。その状態で多少の無理をして、東北へボランティア活動に行ったところ、現地で海鮮丼を食べていた時に銀歯の詰め物がぽろりととれちゃいました。

日ごろの行いがすこぶるいいのに。

致し方ないので、地元の歯医者にとれた銀歯を片手に持っていきましたが、残念ながら、サイズが合わない?とのことでその銀歯は使わず、白いプラスチックみたいなのを詰めることに。

と、同時にいろんなものが発覚しました。

まったく痛くはなかったのですが、親不知が本人知らずのうちに生えていたり、しかも本人知らずゆえにちゃんと磨けてなくて虫歯になっていました。

ショックです。親不知が存在していた!ということもですし、いまどきのマイクロスコープにとられた親不知の虫歯があまりにも醜く黒い!!!これによって、親不知を抜くか、虫歯の治療を行うかの2択を迫られました。

歯医者さんには「外の歯はちゃんと磨けているのに、親不知だけはちゃんと磨けてないので…抜いちゃった方がいいかと思いますよ」とイケメン歯医者さんは言うのですが、まだ生えている歯を抜くのはだいぶ怖い。。。

そんな私にイケメン歯医者さんは「10分もあれば簡単に抜けますよ」と言いますが、素人にとっては10分もの時間は考えただけでゾーーーー!としますよ。怖いよ!歯医者怖いよ!

最初は抵抗していたものの、いつかは虫歯が他のはにも転移したら不幸は連鎖してしまう…そう考えて仕方ないので抜くことにしました。

親不知を抜く!という決意のもと、歯医者に行ったわけですが、通されたのはいつも違う奥の個室。隔離された!と思いながら席に座り、麻酔をかけます。

「麻酔が効くまで少々お待ちください」と言って先生は離席。スマホをポチポチしてたのですが、横になっているからか、麻酔の影響か、麻酔という響きの影響か(?)眠くなってきたところで先生が戻ってきていざ親不知と勝負が始まりました。

怖い!怖い!痛いのいやだ!と言っていた割に、いざ本番は眠い・・・(笑)どんだけリラックスしているんだかw

親不知はあっさり抜けて、見せてもらいました。小さいんですねーそして、虫歯汚い!!!

この親不知は今後の戒めのために、持ち帰らせてもらいました。しっかり歯を磨いて虫歯予防をしていこうと思います。あまりに虫歯が汚いので、器具を借りて治療をしてみたかったのですが、イケメン歯医者さんから「歯医者の資格者しかこの器具触っちゃいけないんですよーすみません」と謝られてしまいました。いや、こちらこそ申し訳ない。ちょっとやってみたかっただけです。

税理士法人YFPクレアでは歯医者様の税務、会計、経理のご相談を承っております。昨今ではレセコンと連動できるクラウド会計、MFクラウドforデンタルクリニックも導入される歯医者さまが増えてきています。面倒な会計の手間が減り、経営判断の材料となることも多々ありますので是非ご検討下さい!

 

関連ページ

歯医者の会計・税務顧問

歯医者向けクラウド会計サポート

担当者ブログの最新記事

サービスに関するご質問・お見積もり依頼は無料です 0120-700-663 または03-5380-1386にお電話ください 受付時間 10時〜18時(平日) メールでのお問い合わせ