融資のこと、入門の入門

皆様、こんにちは。
税理士法人YFPクレア 監査部の佐藤明史海です。
 
今日は、融資についてのお話を少しさせてください。
 
事業を立ち上げた以上は、金融機関と無関係でいられるということはほとんどないでしょう。
ところが、良く分からないことが多いのが融資のこと。
 
むかーし、弊社のメールマガジンでまとめさせていただいたことがございました。
超入門編といった内容です。
 
以下、そのままリサイクルいたします 笑。
何か質問等ございましたら、私かYFPクレア監査担当者までお問合せください。
よろしくお願いいたします。
 
 
皆様こんにちは。
 
税理士法人YFPクレア・四谷オフィスの佐藤と申します。
今月は資金繰りについて、特に融資に的を絞ったお話させていただきたく思います。
 
大きく分けると以下の内容となっております。
 
①会社が倒産するとき
②各金融機関の特徴
③借りられる会社になる
 
 
①会社が倒産するとき
会社が倒産する一番の原因はどのようなものでしょうか。
 
売上の低迷、主要な取引先の倒産、コストの増大…などなどございますが、これだけで会社がつぶれるわけではございません。
会社が倒産するのは「お金がなくなったから」です。
 
赤字が何年続こうとも、お金があれば会社は存続していきます。
どれだけ利益が出ようとも、お金が入ってこなければ会社は倒産します(取引先の倒産による債権の貸し倒れ等)
 
当たり前のことのようですが、これが事業を継続していくための要点です。
売上の拡大、経費削減、黒字の死守。これらはこのための手段です。
 
ところで、税理士事務所が行っている定期的なお客様へのご訪問には大きく2つの目的がございます。
 
1つ目は、間違いのない税務申告のためのチェックとアドバイス。
2つ目は、経営成績の適正な把握。
 
資金不足を回避するには、2つ目の役割が非常に重要になってきます。
 
経営者が自社の状況を正しく把握することで、先々の計画を立てて行動をするということ。
来月に入金される売り上げ代金は、いくらか
回収の怪しいものは、どの程度あるのか
来月の仕入先への支払はいくらか
粗利率はどの程度で、いくら売上げれば現状の固定費をまかなえるのか…等々。
 
そういった中で、例えば次のような事態が見えてくることがあります。
 
・大きな仕事が貰えそうだけど、先に買わなくてはならない材料代が払えそうにない!
・閑散期の固定費が支払えそうにない!
・機械を買いかえれば爆発的に生産性が上がりそうだが、手許に資金がない!
 
そんなときはどうすれば良いのか―――
 
借りれば良いのです!
 
 
②各金融機関の特徴
それでは実際に融資を受けようとするとき、どんな金融機関を利用するのがよろしいのでしょうか。
これは会社によりけり。ケースバイケースです。
 
以下、簡単にまとめました。
 
・都市銀行
最も低い金利で貸してくれますが、もっともハードルが高い。
 
・地方銀行/信用金庫
都市銀行と比べると金利が高く、その代わり比較的融資が通り易い。
 
・日本政策金融公庫
金利はやや高めの融資が多い。
最大の特徴は、過去に融資を受けたことがあり、その際に返済の滞り等がなければ、赤字であっても比較的融資を受けやすい。
 
 
③借りられる会社になるには
 
以下は、銀行マンや元銀行マン等からこれまで私が聞いてきた情報を簡単にまとめたものです。
正直言って目から鱗、といった話は全くなく、ごく基本的な情報です。
ゆえに疎かには出来ない心得とも言えます。
 
貸す側の基本的な姿勢は何世紀も前から変わりません。
『雨の日に傘を貸さない』
つまり、借りなくては本当に困ってしまう相手に、銀行はお金を貸したがりません。
 
これが当たり前の態度と認識して下さい。
不条理なことのようですが、貸す側の心理に立てば当然のことです。
 
銀行は、融資が必要な人より、それほど必要でない人に貸したがります(返してもらえる可能性が高いから)
 
このための悪あがきで粉飾決算をする方いますが、絶対にやめて下さい。
 
粉飾決算とまではいかなくても、『無駄な努力』をしてしまうことがあります。
・減価償却を行わない
・役員報酬を極端に低く抑える
 
減価償却を行っていないことについては、銀行の担当者でなくとも一目瞭然です。
お金が出て行かない経費である減価償却費を計上しないことによって膨らんだ利益には、全く価値がありません。
むしろ、経営の苦しさをアピールしているようにさえ見られかねません。
 
また、これでは生活が出来ないであろうというほど、役員報酬を低く抑えることで作った利益もアピールポイントにはならないようです。
逆に経営成績から見て過大すぎる役員報酬ももちろん悪印象でしょう。
 
 
それでは、どのような点に注意すれば融資を受け易くなりのでしょうか。
 
以下、いくつかご紹介します。
 
・金融機関との密なお付き合いをする、又はお付き合いができる状態にする
→経営成績をきちんと教えてくれる人や予定を教えてくれる人、人柄を分かっている人の方が、当然のことながら貸しやすいですよね
 
 
・複数の金融機関と付き合う
 
→金融機関により、考え方は様々です。A銀行がダメでもB銀行は評価してくれる、ということはよくあります。
・役員への貸付は行わない
→社長が公私混合し易い人なのでは、貸した後のお金が社長個人の生活費に消えてしまうのでは、等と思われる可能性もあります。
 
・毎月のきちっとした会計帳簿の作成
→前述していた内容のとおりですが、社長がタイムリーに経営状態を把握していること、その報告が聞けることは貸す側にとって大きな安心感につながります。
 
 
以上、基本的なお話ばかりですが、されに詳しく聞きたい、自社の場合はどうなのか等があれば、YFPクレアのスタッフのお聞きください。
 
 
 
すこしずつ涼しくなってきましたが、体調にお気をつけてお過ごしください。
 
今後ともよろしくお願い申し上げます。

 

資金調達はこちら!

創業融資支援
創業~2期目までの日本政策金融公庫、制度融資を活用した融資のサポート!

日本政策金融公庫の融資
日本政策金融公庫で融資をご希望の方

制度融資
銀行が窓口になる制度融資のご紹介

ソーシャルビジネス融資
NPO法人、介護事業などのソーシャルビジネス向け融資

スーパーL資金
農業者向けの特別な融資

補助金・助成金 申請支援
ものづくり補助金などの補助金、助成金の申請サポート

監査部 佐藤の企業ドクターの処方箋

身も蓋もない事業計画 〜無計画の成れの果ては、ビールっ腹〜
事業計画(経営計画)が面白いほどわかりやすくご紹介する人気シリーズ第一弾!

身も蓋もない事業計画② 〜夢の実現というより、路頭に迷わないために〜
事業計画は夢のためだけじゃない!現実的な事業計画!

身も蓋もない事業計画③ 〜なぜ、他人の土俵で勝負してしまうのか〜
不得意な分野で勝負していませんか!?

融資のこと、入門の入門
融資を受けて大きく成長しよう!融資は受けるのも返済も計画的に!

牛丼戦争  勝者なき戦い 〜安い、うまい、早い、は顧客志向なのか〜
価格が安ければ売れる、ではない現実があるのです。

税理士法人YFPクレアトップページ

 

how to 経営の最新記事

サービスに関するご質問・お見積もり依頼は無料です 0120-700-663 または03-5380-1386にお電話ください 受付時間 10時〜18時(平日) メールでのお問い合わせ