服を選ぶこと、仕事をすること

服と仕事のコーディネート

 

こんにちは、四谷監査二部の田村です!

今年は暖冬ですね。

スノーボード好きの私としてはとても残念です。
スノーボードの醍醐味の一つに好きなウェアーを選んで着るという事が挙げられます。
細目ライン、太目ライン、カラーなどはその人の好みとスタイルで決めます。

スノーボード

 

YFPクレアでも私服化が進んできたので、今日はそのあたりの事を述べていきたいと思います!

当社でもクライアント対応が無い日は私服勤務が許可されました。

「やったぜー!!」と思う人と「えー、服選ぶのは面倒くさい」と大きく二つに分かれるかと思います。
面倒くさい理由としては毎日服装のコーディネートを考える事、ルーティンワーク的にスーツを着回していけないからだと推測します。

ある程度思考停止してスーツを回していけば日々が過ぎていく。

そうですね。私も私服に悩む時があるので、楽ですよね。

 

しかし、これから(の会計業界)は「選ぶ」「考える」という作業の重要度が高まってくるのではないかと個人的に思っています。

みなさん、ご存知のようなAIやRPA(Robotic Process Automation)、フィンテック等の技術により日々の業務が大きく変わっていくと思います。
その中で、思考停止をさせるような要素は少しでも除去していき、自分たちの仕事をコーディネートできる能力を向上させていく事は大事な要素ではないでしょうかー!!

 

そんな訳でスーツ代が減額できそうなので、その分私服に投資していこうと思います!

 

 

担当者ブログの最新記事

サービスに関するご質問・お見積もり依頼は無料です 0120-700-663 または03-5380-1386にお電話ください 受付時間 10時〜18時(平日) メールでのお問い合わせ