【決算書、経営計画書は経営者の羅針盤】〜エピソードよりエビデンス〜

 

 監査部佐藤です。

皆さん、 こんな言葉を聞いたり、言ったりすることってありませんか?

“物騒な世の中になった”
“他人のことを考えない人が増えた”
“マナーの悪い人が増えた”

言いたくなる気分は分かります。
でも、全部嘘です(笑)

人口あたりの凶悪犯罪発生率 電車等の公共の場でのトラブル どっちも減っています。
また、マナーにしたって、私たちが子供の頃(私は41歳で80年代に子供時代を過ごしました)、歩きタバコ、立ちションベン、路上に唾やガム 全部珍しいものではありませんでした。
いま、これやってる人がいたら、しろーい目で見る、ってよりビックリしますよね。
でも、私が子供の頃は確かにこれが日常の風景でした。
ちょっと前のベストセラー『ファクトフルネス』を読むまでもなく(読んでほしいですけど)、”現代への嘆き”はだいたい嘘です。
https://books.rakuten.co.jp/rb/15747423/

 

なぜ、こんな嘘が常識のように言われてしまうのか、についてはいくつかの理由があるかと思います。

一つに“エビデンスよりもエピソードが強いから”があると私は考えます。
客観的なデータよりも、一つの強烈なエピソードに我々は衝撃を受け、傷ついたり、感動したり、嫌悪したり、します。
ゆえに、一つの悲しい事件のニュースに触れたとき、冒頭のような嘆きをしてしまうのではないでしょうか。

別に世間話なら良いと思います。

しかし、経営者がこれをやってはダメです。
経営判断は“常識”でも“気分”でも“感動”でも“嘆き”でもなく、客観的事実に基づきてなされるべきでしょう。

つまり、エピソードよりエビデンスです。
自身の肌感覚より、羅針盤を信じる強さがないといけません。
経営者の羅針盤は試算表、決算書、そして自身で作られた経営計画です。

 

追記)「エピソードよりエビデンス」は立命館アジア太平洋大学学長・出口治明さんの言葉です。

 

▼ この記事を書いた人

佐藤 明史海の写真

税理士法人YFPクレア
監査3部部長 佐藤 明史海

1979年埼玉県出身 獨協大学法学部卒 得意分野は、創業、融資、事業計画 監査3部部長 二児の父 5年前からマスオさん生活(奥様のご実家で義理のご両親と同居) モットーは【経営者の一番の相談相手であれ】 これまで70社以上の創業100件以上の融資に携わり、これらに関する セミナーは大好評をいただいた。 30代後半に働きながら産業能率大学大学院総合マネジメント研究科を かろうじて卒業 ここで人事、経営戦略、組織運営のノウハウを学ぶ

▼ 担当者のオススメ

担当者ブログの最新記事

経営戦略の最新記事

経営者様向けの最新記事

サービスに関するご質問・お見積もり依頼は無料です 0120-700-663 または03-5380-1386にお電話ください 受付時間 10時〜18時(平日) メールでのお問い合わせ