絵の才能は遺伝する?実はそうでもないかも!?

絵を書いた

こんにちは、税理士法人YFPクレア 立花です

私は絵を書いたりものを作ったりするいわゆる芸術系の才能が皆無である。

だから授業中に先生のイラスト書いたり、図工の時間に自分の思い通りに作業を進める友人を羨望の目で眺めていた。

小学生低学年でそういうセンスは生まれ持ったもので、自分はそのセンスを授からなかったのだと悟った。(遺伝だ、しょうがない。両親を責めてやるまい…)

しかし、先日実家に帰った時だ。テレビ台の下に乱雑に散らばった紙があった。

そこには鬼滅の刃の善逸が書いてあった。

隊服を着ていて、ちゃんと服のシワまで書き込んである。うまっ!(素人目です)

「これ誰が書いたの!?(こんなうまく書けるやつがうちにいるはずがない…)」

『あ~お父さんだよ。〇〇(孫)と一緒に書いたやつ』

「え」

そういえば父の書く絵を今まで見たことがなかった(それもすごい)。

模写だったそうだが、模写でもホラー画になる私からしたら上出来だった。

 

センスがないのは遺伝説、をくつがされた私はその晩にお絵描き練習帳と色鉛筆を買った(形から入るタイプ)。

「よーし、私も好きなキャラとか書けるようになっちゃうぞ!」

 

それから1カ月経った絵がこちら。

絵を書いた

やっぱりセンスって持って生まれてくるもの多少なりともあるよね…。

バランスの悪さとか一生直らない気がするもん…。

 

次回の成長にこうご期待。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

担当者ブログの最新記事

サービスに関するご質問・お見積もり依頼は無料です 0120-700-663 または03-5380-1386にお電話ください 受付時間 10時〜18時(平日) メールでのお問い合わせ