MAS監査シリーズ2 経営のライザップ

こんにちは!!

四ツ谷二部のMAS監査係りの田村です!!

今日はMAS監査の良い例えが見つかったので、説明しておきます。

MAS監査の総本山MAP経営のWebpageには下記のようにあります。

「MAS」とは、マネージメント・アドバイザリー・サービスの略。
経営計画を基軸とした経営サイクル(Plan-Do-See)の確立と運営を支援し、
目標達成できる経営体質づくりへ導くためのサービスです。
経営計画の作成、実行した結果の検証、生み出された課題への対策、社員のモチベーション向上など、
さまざまな面から経営サポートを行うことで「未知を道へ」変えていきます。

(引用:MAP経営 MAS監査とは

 

うん。良い文章です!

自分なりには以下のように変換して考えてさせてもらっています。

「経営計画に対するライザップ!!」

社長と一緒に練り上げた経営計画にコミットできるように、監査していくことです。

ライザップも運動面や食事面をきちんと管理していきますよね。

それと、同じようにMAS監査でクライアントの売上(運動)、費用(食事)などを管理していこうと思います!

さてさて、そんな訳で第一回の実地MAS監査をしてまいりました。

基本的にMAS監査で何を行うかというと「PDCA」サイクルのチェックです。

Plan    以前に将軍の日というサービスで作成した「5か年計画」

Do      日々の業務。これは通常行っていると作業にあたると思います。

Check  今回ここです!!立てた目標のチェック

Action   来月以降の行動です。

 

事務所で行ったRPG通りKPT分析を中心に行ってまいりました。

最初は戸惑っていました、だんだんと慣れてきて、様々な付箋が壁に並びました。

経営のライザップ

どの社長も様々な問題を抱えているので、色々と問題が浮かびますよね。

最終的にそれらの付箋を整理して問題の区分まで作業が進みました!!

 

社長も頭の中がすっきりしたと喜んでいただけました。

私自身も監査していてとても楽しかったです。

見えにくくかったモノが見えやすくなる。

問題の見える化ですね!

来月は幹部も交えて行いたいと言っていたので、楽しみですy

複数人パターンのスキルも磨いておかねば!!

クライアントの目標達成にコミットできるように頑張っていきます!!

 

書いた人の紹介

社会福祉法人担当 T監査2部 MBA 田村

仕事もプライベートも楽しく!外交的な性格を生かして、社長の心を鷲掴み!

今後の日本に必要とされる税理士になるべく、大学院に通い、MBAを取得。

お客様のお役に立てるように、時に明るく楽しく、時に真面目に真剣に社長と財務諸表や会社の現状に向き合っています。

今は自身出身の幼稚園を再生する「幼稚園再生プロジェクト」を立ち上げ、社会福祉法人の担当者や融資の担当者を巻き込んで、地域貢献も行っています。

 

関連サービス

 

how to 経営の最新記事

サービスに関するご質問・お見積もり依頼は無料です 0120-700-663 または03-5380-1386にお電話ください 受付時間 10時〜18時(平日) メールでのお問い合わせ