結局、キャッシュレス決済は楽天とSuicaが勝つと思う

楽天ペイとスイカのコンボ

楽天ペイとスイカのコンボ

こんにちは、税理士法人YFPクレア 営業部の越尾です。

日々進化して、新しい情報が出てくるキャッシュレス決済。
ペイ系のキャッシュレス決済については、値引き、割引、キャッシュバックと燃えに燃えていますが、使ってみると結構不便。私も、弊社で始める新サービス:paypayで支払える確定申告丸投げサポートのためにpaypayを利用したり、お客様が不便を感じないように、スタッフにも手間や工数を増やさないようにスムーズにサービスを進めるために四苦八苦していますが…
お客様はスマホを取り出し、paypayを起動させ、QRコードを読み取り、場合によっては金額を入力して決済!という流れで、お店側はpaypayの管理画面を見て、本当に支払われたのか、正しい金額を支払われたのかを確認する必要があります。

レジで自分のバーコードを読ませる場合では、レジを乗り越えて、バーコードリーダーとスマホ画面を近づけるけれど、意外と読み取りに時間がかかってしまって、スムーズとはいいがたい…っていうか、ちょっと恥ずかしい…

5%還元!ってなると意外と大きいので、やれる分ならやるけど、キャッシュバックがなくなったら使うか、というと、私は使わないな…というのが正直な気持ちです。これは面倒だ…

正直、万国共通のクレジットカード(VISA)が一番と感じます。
持っている人もも多く、ポイントバックもあり便利な反面、ネックは店舗側が負担する手数料。スクエアなどのシステムを使っても3%の手数料を持っていかれるのは高いと感じます。

その次はEdyとSuica。他のキャッシュレスと比較すると使える店舗数が違います。

EdyはLINEで人気の「お買い物パンダ」のキーホルダー型Edyや腕時計の留め具にEdyを仕込めたり、色んな形で使えるのもEdyの魅力だと

2020年春からは楽天ペイからSuicaの発行ができ、楽天ペイでチャージができ、楽天スーパーポイントも溜まるというシステムなら、楽天ポイント大好きな私ならぜひ使いたい!と思ったのですが、当面はアンドロイドのみの対応のようで、iPhoneユーザーの私はガッカリです。

とはいえ、商機を逃さない楽天なので、iPhone対応もきっと時間の問題でしょう。
アノ楽天が国内最大シェアを誇るiPhoneを放置するわけありませんから!

期待してます。

 

そして、くどいですが、税理士法人YFPクレアはpaypay対応しています。

これもいつまで対応するかは分かりませんが、消費者キャッシュバックがある2020年6月末日まではやっている予定です。5%も還元されます。

ただし、確定申告ホームページ制作サービスのみが対応しますので、ぜひ、確定申告とホームページ制作は税理士法人YFPクレアにご依頼ください!

 

担当者ブログの最新記事

確定申告の最新記事

サービスに関するご質問・お見積もり依頼は無料です 0120-700-663 または03-5380-1386にお電話ください 受付時間 10時〜18時(平日) メールでのお問い合わせ