久々のドラクエトーク!ドラクエウォークと私

こんにちは、税理士法人YFPクレア 営業部の越尾です。

以前、「ドラクエ 税理士」でググると私のブログが1位でした。
最近は得意のドラクエトークをマホトーンで封印していたので、きっと落ちているだろう…と思いきや、堂々の1位2位を独占でした。さすが私のドラクエ愛!海より深く、空より高い!

以前、ポケモンGOが出たときにはドラクエオタクとしては、RPGの王道で大先輩であるドラクエを差し置いて、世界中でフィーバーを起こしたポケモンに再度嫉妬を覚えたのですが、ようやくとドラクエオタクが街中を冒険できるようになったドラクエウォークが配信されました。

私は自他認めるドラクエオタクなので、ドラクエオタクっぽく、ギガスラッシュとラリホーを交えながら語ろうと思います。

ドラクエウォークでロトの剣ゲット

無課金でゲットした伝説の「ロトの剣」やったー!

さて、ドラクエの世界を実世界で…ということで、古参のドラクエファン、ドラクエオタク、ドラクエマニアたちが「さて、今度はどんなものか」と上から目線でインストールをし、色んな意見が飛び交いました。

「こんなのドラクエじゃねー!」って人もいれば、
「楽しい!」「イメージと違う!」という意見もありました。
私は「家にメタルスライムが出た!!」とゴキブリもびっくりのスピードで叩きに行きました。

システム的なことでいうと、ポケモンGOでは、いまだに我が家の目の前の公園に昼夜問わずスマホを持った人たちが集まっていますが、ドラクエウォークではそうやって集まるようなところも少ないのではないかな?と思いますし、ウォークモードにすると歩いているだけで自動的にその辺のモンスターを倒しアイテムをゲットするシステムもあるので、歩きスマホもしなくて済む。
社会的にゲーマーがご迷惑をおかけすることも少ないのではないかと思われます。
後発だからこそ、問題点を解決している点は評価高いです。

ゲーム自体の私の感想といえば、ドラクエらしい努力と工夫で乗り越えていくRPGでいいんじゃない?
って感じです。

ここからはドラクエ愛についてのお話になります。
実社会では、努力しても報われないことだってたくさんありました。
どんなに着飾ったって、天性の美女にはかなわないし、私が背伸びしたところで東大や医学部に現役合格できるような頭脳の持ち主には能力ではかないません。
そう・・・それが実社会。

でも、ドラクエでは、努力と工夫によって竜王であろうが、ゾーマであろうが、倒せるのですよ。ドラクエ8の竜神王8連戦も毎日でも倒せるのです。ドラクエ5の闇のトロフィーもゲットできるのです。
小学生の頃には友人にはテストの点、走る速さ、スタイルの良さまでも比較され、誰にも勝てない、認めてもらえない…と、コンプレックスのカタマリになってしまった私には、努力と工夫次第でどんな強敵をも乗り越えられることに魅了されてしまったのがドラクエオタクの始まりだったと思います。

そう考えると、なんだか自分の小学生の頃がかわいそうに感じてしまうのですが、ドラクエという生涯の友ができ、中・高校生の頃には開き直って「ナンバーワンじゃなくて、オンリーワンを目指せばいい」ということに気づいてからは自由奔放になり、色んなことに挑戦できるようになったのでやっぱりお陰様だと思っています。そして、コンプレックスと思春期の勢いで逆に自由奔放になりすぎて、高校三年にして中学三年生の教科書を取り出す始末で、浪人し、1年間ドラクエを断って必死で自分自身の学力のレベル上げをして過去の不勉強を精算し、ラスボス志望校に勝利した記憶は今でも残っています。

今では、人と比べてより、昨日より今日の自分がレベルアップできる能力を見つける方がいいと思っています。

例えば、コミュニケーション能力や共感力。
これらは自分自身の痛みや喜びによって相手に共感することができるようになったり、より自分の意思を相手に伝え、気持ちの良い人間関係をはぐくむのに役に立ちます。
共感力がなければ、どんだけ優秀な人であっても人が付いてこないということもあります。宝の持ち腐れですよね。
でも、共感力と空気を読むことを同じと考えている人もいるようですが、それは違います。
共感力は相手と同じ感情になったうえで、背中を押すところまでできてこそ、共感力だと私は思ってます。「そうだよねー」って言うのが共感力ではない!

年々無駄にお肉がついたり、記憶力が悪くなったり、お肌の張りがなくなったり、年を重ねるとロクなことがないと思う反面、年を重ねるからこそできる余裕や感じることのできる幅が広げられるならば、失っていく若さより、新しい能力を手に入れる方がいいと思っています。

また、既に持っている能力にさらにプラスαの能力をつけていくのも楽しいです。
100人中1人しかできない能力を3つ掛け合わせると100万人に1人の逸材のできあがりです!
私ならば、営業の経験を積んでいるので、営業に+αとして、SEO(検索エンジン最適化)のノウハウを身に着けることができました。これで1万人に1人の逸材にはなってきているかと思います!

SEOはグーグル様が変化し進化し続ける限り、進化し続けなければならないので、永遠に学び続ける必要がありますが、「いいものを必要としている人に届けたい」という営業ゴコロ的にはSEOを理解しているのはイイことです。

こうして、ドラクエと共に育ってきた私ですが、今日もスマホ片手にドラクエウォークして、四谷三丁目のモンスターを根こそぎ倒して治安を守りつつ、税理士法人YFPクレアの発展とお客様の便利を目指して切磋琢磨します。

担当者ブログの最新記事

サービスに関するご質問・お見積もり依頼は無料です 0120-700-663 または03-5380-1386にお電話ください 受付時間 10時〜18時(平日) メールでのお問い合わせ