経営もトレーナーがいるか、いないかで軌道修正のスピードは変わる

こんにちは、税理士法人YFPクレアの越尾です。
 
すっかり冬ですね。
去年からなぜかこの冬になりかけの季節に(秋の終わり頃)顔がめちゃくちゃ荒れる現象が起こります。
普通の乳液→ニベア→ユースキンと保湿レベルを上げていくわけですが、化粧水も乳液もまるでスポンジのようにぐんぐん水気を吸い込んでいき、あっという間にカサカサ肌に。
それはもう、自分の肌がヤスリみたいに感じるほどガサガサしてます。
女性からするとかなり辛いです(>_<)
かゆいし、腫れてるし、赤いし、化粧しても粉吹いちゃうし、全体的に腫ぼったいし、笑うと皮膚引きつるしで散々!
はっきり言ってブサイクだ!かわいさが台無しだ!(おいおい)
顔がボロボロだとメンタルもボロボロになる…という女性は私だけではないはずだ。
 
優しい優しい読者の皆さま、乾燥肌に悩む女性には優しくして下さいまし…
 
以上、伝えたい想いでした!
 
さて、本題に入りましょう!
数ヶ月間やってるプロジェクトの一環として、ダイエットを続けています。
名付けて「ロケット理論ダイエット!」
これについて始めたのは、若手経営者塾で経営計画を行うために、経営計画とは?ロケット理論とは?という基礎的なことを学んでいた時でした。
 
経営計画やロケット理論を知らない方のためにすっごくわかりやすいロケット理論のブログを紹介しましょう。
 
 
誰が書いたって?
 
私だ(笑)
 
仕事も落ち着き(?)弊社の企業ドクターこと佐藤が若手経営者塾にて
「経営計画に則ってダイエットをした結果これだけ痩せた!」という話を聞いて、
これぞ、最強のダイエットツールなのではないかと思い、本格的に経営計画に則り、始めて約3ヶ月間、
弱すぎる腹筋をとにかくつけることを意識してジムに行けば必ず腹筋することにしていました。
 
ロケット理論で言う目的地は明確にすることが大事です。
目的は、美しくて気品のある女性でありたい!
11月末までの目標は、体幹部分に筋肉をつけて、普通レベルまで持っていくこと。
 
毎回、10回ギリギリできるかできないかの瀬戸際の重りを使って。
目の前の鏡に鬼の形相をした私を映しながら歯を食いしばって腹筋すること約9回。
「もう限界!!もう良くない!?充分やったよー!」とサボりたい心の声と
「ラスト1回で筋肉はできるんだからがんばろう!」というストイックな心の声を聞きながら最後の1回を
「ふがーーーーーー!!!!」と力を入れてやりきって次の工程に進む。
 
この結果、1ヶ月で筋肉が0.4キロ増えて、体脂肪が1.3キロ減りました!わーいわーい!
 
見た目にも不都合なお腹のお肉ちゃんたちが少なくなってるのでいい感じに違いない!
と思ってましたが、
数字が明確になることで、確かな達成感がありました。
 
あー…あの腹筋のラスト1回頑張ってよかった…と、ここでようやく思うのです。
 
そして、目標だった体幹部分の筋肉不足を脱却し、並な体幹にすることができました。
 
ここに至るまでは実は大変でした。軌道修正の連続です。
 
苦手な筋トレをあまりせずに有酸素運動をしまくった結果、体幹を鍛えたい、筋肉量を増やしたいと思っていたのにも関わらず、筋肉が減りました。
そのときは「ええーーーΣ(゚д゚lll)こんなに頑張ったのに!」と思いました…
トレーナーに相談したところ、「筋トレをガッツリやって、フラフラになったところで有酸素運動をしましょう」と言われました。
その時、初めて有酸素運動ばかりしていると、体脂肪とともに筋肉まで減らす結果になることを知りました。
筋トレは嫌いですが、そんなことも言ってられないので、トレーナーの言う通り10回ギリギリできるかできないかの瀬戸際をやることにしました。
回数少なくていいので、なんとかなるだろう…とふんだわけですが、前述の通り、ラスト1回のしんどさは毎回高い壁でした。
 
私が愛用しているプロテインはダイエット用のもので、筋肉をつけるというよりは、脂肪を落とすことの方が得意ということも知りました。
動物性たんぱく質を多く摂取するために大好物のお肉は積極的に食べることになりました♪( ´▽`)わーい
 
また、ジムにくると翌朝起きるのがツライ…とトレーナーに言うと、毎晩寝る前にチョコレート1かけら食べることをオススメされました。
筋肉の修復にエネルギー使っているので朝になるとエネルギー不足だそうです。
 
もっとも食べてはいけない時間帯に、もっとも食べてはいけないものを食べるのはかなりスリリングでした(笑)しかし、確かに朝の楽さはありました。
 
そして、結果はバッチリ出ました。
 
もちろん食事制限なし☆
女性ホルモンも筋肉もお肉を食べないとできないため、しっかりお肉も頂きます。
ついでにラーメンやカレー、パスタなど太りそうなものもいっぱい食べました。
でも、大丈夫!
トレーナーからは「今まで通りの食生活をしてください」と言われたから今まで通りの食生活をしてたわけです。
 
ロケット理論でも書いたように、
以前の私は、「痩せたい!」と言ってがむしゃらにダイエット開始。
適当に痩せて→なんとなく満足→おしまい→なんとなく戻ってる。という無限ループをしてきました。
 
この「がむしゃらなダイエット」というの自己流のダイエットを行っていたための無限ループだったのです。
ほとんどが食べ物を減らすというダイエットをしていたため、その場では体重は減るのですが
体重は脂肪と筋肉を減らした結果の体重の減少であり、
決して、断じて、次に繋がるダイエットではありませんでした。
結果的に、飢餓状態になると人間は「食べられなくなる可能性」を感じて、より脂肪を蓄えようと筋肉を減らしてエネルギーにしてしまうとのこと。
筋肉も減ってしまったため、疲れやすく、代謝も下がってしまったので痩せにくい体になってしまった…ということでした。
だから、トレーナーは「絶対に食べる量を減らさないでください」と言っていたのでありました。
 
自分の考え方や知識で行動すれば、「今まで通り」という結果が出ます。
それで満足ならそのままで良いわけで、私が本当に満足かどうかがミソなわけです。
 
今までの自分に満足してないのなら、その事実を受け入れて、素直にその道のプロであるトレーナーの活用することにします。
ジムに通うメリットとして、その機能性や環境はもちろんですが、トレーナーの存在は大きいです。
 
自分の考え方はあくまで素人。
過去に少しスポーツしてた…とは言っても、所詮素人。
素人であることを認めてしまって、一から学ぶ覚悟をしてしまった方が体得するスピードは違いますし、結果のスピードは違います。
最新のスポーツ科学を学んだ専門家に話を聞けるわけで、ネットで調べた結果より「あなたの場合は、こうした方がいい」というアドバイスをもらえるわけです。
カスタマイズされたアドバイスはすごいです。睡眠前のチョコレートなんて友人に勧められても絶対食べませんし、自分では絶対しません。
でも、結果は筋肉が増えて、体脂肪が減りましたし、朝は楽になりましたからジムに通うデメリットを簡単に(美味しく)減らすことが出来、楽しくジムに通い続けることができています。
最終的には「どこにプライドを持つか」てことだと思ってます。人に聞くことは決して恥ずかしいことではなく、今の結果に甘んじて目的をすり替えたりすることの方がよっぽど恥ずかしいと思うのです。
 
今月は「脱 体幹不足」でしたが、無事脱出できました(まだ充分ではないから油断大敵!)
 
来月の臨床実験のテーマは「1ヶ月でむくみ体質を改善し、脚を細くする。−1.5センチ目標」
 
もう何ていうか、目的がワクワクするものだと、目標立てて、計画して実行して達成するのが楽しくて気持ちよくてウハウハしちゃってすっかり経営計画のトリコです。
 
税理士法人YFPクレアでは、経営者様の経営計画策定のサポートを行っております。
経営計画を作ったところで計画倒れにならないために、トレーナーをつけたらいかがでしょうか?
税理士法人YFPクレアでは、ちゃんとトレーナーもやってます。
税務とはまた別のベクトルです。
 
 
では、今週もよい1週間をお過ごしください。

関連メニュー

経営計画策定サポート
経営計画を策定、実行し軌道修正し、目標達成までをサポートします!

税務顧問
経営の状況を把握するためには正しい会計をすることが大前提!税理士法人YFPクレアでは税務と財務の両輪をサポート!

監査部 佐藤の企業ドクターの処方箋

身も蓋もない事業計画 〜無計画の成れの果ては、ビールっ腹〜
事業計画(経営計画)が面白いほどわかりやすくご紹介する人気シリーズ第一弾!

身も蓋もない事業計画② 〜夢の実現というより、路頭に迷わないために〜
事業計画は夢のためだけじゃない!現実的な事業計画!

身も蓋もない事業計画③ 〜なぜ、他人の土俵で勝負してしまうのか〜
不得意な分野で勝負していませんか!?

融資のこと、入門の入門
融資を受けて大きく成長しよう!融資は受けるのも返済も計画的に!

牛丼戦争  勝者なき戦い 〜安い、うまい、早い、は顧客志向なのか〜
価格が安ければ売れる、ではない現実があるのです。

営業部 越尾のちょっぴりいい話

ロケット理論~まずは目的を明確に~
とってもわかりやすく経営理論について語ってみました

奴隷と従業員の違い
奴隷と従業員の違いは何でしょうか?明確にしていきましょう。

従業員と奴隷の違い2~元に戻すための費用=○○~
大好評だった奴隷と従業員の続編を調子にのって書いてみた。

不正の3要因
人の心に闇が入るスキマを作らない経理の仕組みづくりをご提案

節税してほしいというけれど…
「節税したい」その気持ちわかるけど、まずはこちらを読んで頂きたい…

税理士法人YFPクレアトップページ

how to 経営の最新記事

サービスに関するご質問・お見積もり依頼は無料です 0120-700-663 または03-5380-1386にお電話ください 受付時間 10時〜18時(平日) メールでのお問い合わせ