幸せの金額(コロナ中に考えました。)

会社経営の幸せの金額

 

税理士の柳田です。

私は平成13年に会計事務所に入社して、今年で20年になります。

お金持ちや、イケイケの経営者、良い人だけど会社を潰しちゃう方、自殺した方も何人か税理士としてお会いしてきました。

今回、コロナウイルスで、倒産が増え、もしかしたら自殺者も増えるかもしれません。

このような危機には、とにかく生き残ってもらうことが一番です。

ただ、今更ですが、普段からどのようにしておけばよかったのでしょうか。

会社経営の幸せの金額を考えたいと思います。

結論から言いますと

1、粗利 1億

2、社長の給与 2000万円

3、金融資産 1億円

です。

そんなに無いよ!!

という方が、ほとんどでしょうし、私もありません。

ただ、この数字は私が発明したわけではなく、古く昔から言われている金額です。

会社経営はリスクの連続です。

2000万円もらっているから、贅沢をして良いわけではなく、

1億円持っているから、ベンツを買ったり、豪華な家を買ったり、自社ビルを建てたりして良いわけでもありません。

今回の、コロナウイルスの直撃の業種、飲食やレジャー、インバウンドなどですと、毎年2000万円の報酬で、資産が1億あってギリギリ生き残れるかどうかだと思います。

もしかすると、粗利規模がもっと大きいと、1億あっても倒産、自己破産かもしれません。

会社経営は最終的には、お金があるかどうか、によります。

今は、緊急時ですが、平常時から必要な、粗利、報酬、金融資産を意識していただければと思います。

 

 

経営戦略の最新記事

サービスに関するご質問・お見積もり依頼は無料です 0120-700-663 または03-5380-1386にお電話ください 受付時間 10時〜18時(平日) メールでのお問い合わせ