【スタッフの卒業】〜税理士法人YFPクレアの場合~

スタッフを見送る

 

監査部佐藤です。

えー、いま私は社内でいろんな人に心配されてます(笑)。
最も頼りにしてきた相棒が退社したためです。
その相棒なくして、佐藤は大丈夫なのか!?と、心配されているわけです。

結論から言うと、大丈夫なんですけどね。
大丈夫だけど、とても心細く、寂しいです。

相棒は、私が持った最初の部下で、相棒が入社してからずーっと、二人三脚でやってきました。
8年に及ぶ付き合いです。

一応、私が上司だもんで、最初の1年くらいはたまに厳しいことも言ったもんです。
2年目以降は厳しいことを言われた回数の方が多そうですが(笑)

その、相棒の旅立ちを祝したいわけです。
税理士であるお父様の事務所で働くための旅立ちですので、これは祝うべきことです。

 

旅立ち、については好きな言葉があるのでここに残します。 映画の台詞です。

 

”この場所から出ろ。
ここにいると自分が世界の中心だと感じる。
何もかも不変だと感じる。
だが2、3年も他にいると、何もかもが変わってる。
頼りの糸も切れる。
会いたい人もいなくなってしまう。
一度ここを出たら、長い年月帰るな。
年月を経て帰郷すれば、友達や懐かしい土地と再会できる。

今のお前は私より盲目だ。
人生はお前が見てきた映画とは違う。
人生はもっと困難なものだ。
行くんだ。
お前は若い。
もうお前と話したくない。
お前の噂が聞きたい。

帰ってくるな。
私たちを忘れろ。
手紙を書くな。
ノスタルジーに惑わされるな。
自分のすることを愛せ。
子供の時、映写室を愛したように。”

 

旅立つ人に覚悟がいるように、 それを見送る側には勇気がいります。
まぁ、私は上記のようなセリフは言いません。

 

帰ってきてくれ〜〜(つД`)ノ!!!!

 

経営者の皆さん、いかがでしょう。
孤独でしょうか?
孤独であるなら、たぶんですけど、その点においては正しい道を歩んでることと思います。

私も孤独を目指して、また、今日から頑張ります‥とほほ泣。

 

▼ この記事を書いた人

佐藤 明史海の写真

税理士法人YFPクレア
監査3部部長 佐藤 明史海

1979年埼玉県出身 獨協大学法学部卒 得意分野は、創業、融資、事業計画 監査3部部長 二児の父 5年前からマスオさん生活(奥様のご実家で義理のご両親と同居) モットーは【経営者の一番の相談相手であれ】 これまで70社以上の創業100件以上の融資に携わり、これらに関する セミナーは大好評をいただいた。 30代後半に働きながら産業能率大学大学院総合マネジメント研究科を かろうじて卒業 ここで人事、経営戦略、組織運営のノウハウを学ぶ

▼ 担当者のオススメ

担当者ブログの最新記事

サービスに関するご質問・お見積もり依頼は無料です 0120-700-663 または03-5380-1386にお電話ください 受付時間 10時〜18時(平日) メールでのお問い合わせ