甥っ子が生まれました!

息子との闘い

 

みなさんこんにちは、監査3部2課の村上です。

私事ですが、昨年の9月初めての甥っ子が生まれました。
コロナ禍ということもあり、正直、実際に生まれるまでは楽しみよりも不安が大きかったので
退院してきた生まれたての甥っ子と対面したときの感動は忘れません…
両親にとっては初孫、私にとっては初甥っ子で本当に嬉しく、家族全員メロメロです。

令和2年生まれといったら「あ、コロナの時か~!あの時は総理大臣も具合悪くなって変わっちゃうし、最初はマスクもトイレットペーパーも品切れで、どこへ行っても検温されて、今までの生活が一変しちゃって、それはもう大変な年だったんだよ。」と言われるのでしょう。

さて、甥っ子が生まれる前とあとでは生活は一変しました!
YFPクレアでも昨年からコロナウイルス感染予防のため在宅勤務がはじまりましたが、
姉と甥っ子は里帰り中のため勤務中でもとてもにぎやかでした(笑)
お昼休憩には甥っ子と会えるのは在宅勤務ならではの体験です。とても癒されます…
最近では首も座り、笑いかけると笑顔を見せてくれたり、空腹で不満げな表情をみせたり、
リアクションも増えてますますかわいいです(仕事に戻れません…!)

甥っ子との生活で初めて子育てを身近に感じ、
姉夫婦と甥っ子との生活の中で日々育児の幸せと大変さとを目の当たりにしています。

自分もこんな風に育ってきたのかなと、改めて両親に感謝の気持ちが湧いてきました。

まだまだコロナの猛威はおさまらず、1月7日からは1都3県に再び緊急事態宣言が発出され、
13日には、大阪、兵庫、京都の3府県にも出されるようです。

 

不安な日々が続いておりますが、大切な人たちを守るため、
これからもうがい、手洗い、ディスタンスを継続して、
コロナ禍を乗り切っていきましょう。

 

 

担当者ブログの最新記事

サービスに関するご質問・お見積もり依頼は無料です 0120-700-663 または03-5380-1386にお電話ください 受付時間 10時〜18時(平日) メールでのお問い合わせ