ただの従業員が考える「税理士法人YFPクレア」に合わない人

求人中です

こんにちは、税理士法人YFPクレア ただの従業員の越尾です。

私はウェブ全般を担当しているので求人広告とかそういうのも携わっています。自社の求人ページはもちろん、たまーに掲載するマイナビとか大原とかの求人広告文も私が書いていることが多いです。

かれこれ3年くらい前から求人ページ制作も担当するようになったのですが、最初に行ったのは
・YFPクレアで働くメリットとデメリット
・どんな人が欲しいか

を箇条書きしました。

この箇条書きは20~30分程度、軽く代表や両部長に意見を聞いてサクッと書いたものだったのですが、これが後の工程に非常に便利に働いてくれました。

どんな人が欲しいか、そんな方にどんなメリットを与えられるか。
求人ページを作るコツはずばりコレです。
最近ではindeedとか見てても「この会社は応募来ないだろうな」とか思うようになりました。
「正しい情報、情報開示=応募が来る」ってわけではないのですよね。
正しい情報を書くことに一生懸命になって、それが「広告」であることを忘れてはいけないと思います。

少し脱線してしまいましたが、今日は税理士法人YFPクレアで働いても幸せになれなさそうな人のタイプを紹介しようと思います。

残業大好き!深夜残業大好き!休日出勤大好き!さん

税理士法人YFPクレアは、基本、残業を良しとはしません。
サービス残業なんて勝手にしようものなら、周囲からの大ヒンシュク!!

きちんと時間管理を行い、お客様に支払っていただいた金額に見合う時間をサービスに使うように指導・管理されています。残業が大好きだからと言って、残業はできません。
残業したい!休日出勤して、稼ぎたい!そんな方は別の税理士事務所のほうがいいでしょう。

お客様大好き!過剰サービス大好きさん

税理士法人YFPクレアは適度なサービスを心がけています。

過剰なサービスを行ってしまえば、それは会社や従業員が不幸になるうえ、お客様にも担当変更や急な値上げの要求を行わねばならず、みんなが不幸になります。
なので、お客様にお願いされたお仕事がサービス外だったらその分はきちんと請求を行い、誰も不幸にならないようにする・・・これが税理士法人YFPクレアのやり方です。

例えば、社会保険の手続き。過剰サービス大好きさんは無料で全部引き受けてしまいます。先ほども言った通り、税理士法人YFPクレアはきちんと時間管理を行われているので、過剰サービスをすると時間オーバーしてしまいます。過剰サービス大好きさんは、自分が作業が遅かったことにして、過剰サービスをしていることを隠す傾向があります。そうなると部課長や代表は過剰サービス大好きさんを指導しなければいけなくなります。何が原因で時間がかかっているのか、どうしたら時間内に仕事ができるようになるのか…メールや電話も横で聞いたり、仕事の中身のチェックなどをしなければいけなくなります。ここで発覚すれば、まだ問題は小さい。が、隠し通してしまったとしよう。

次に大事になるのは担当変更したとき。
「前任の過剰サービス大好きさんは社会保険の手続きも全部やってくれたのに、後任の適度サービスさんは全くやってくれないのね。お金も取ろうとするし、解約しようかしら!」となって、解約になってしまった場合、適度サービスさんのサービスが悪かったのか?となってしまいますよね。本来は過剰サービスさんが過剰にやってただけなのに。

サービス大好き!という人ですと、自分ひとりがやればいいんだから!と言って受けてしまうと、後の担当者が大変なことになってしまいますので、絶対にダメ。
なので、過剰サービスしたい、お客様大好きな人もダメ。

No!が言えないマン

『人に頼まれたときに「No!」が言えないんです。』
と、税理士法人YFPクレアに入社したときに相談を受けたのですが、本当にそうでしょうか?

絶対No!!を言わないといけないシーンってあると思うんですよね、命とられそうなときとか。
言うでしょ。

ちなみに、私は前に勤めてた会社の部長に「ぶってもいいか」と言われた際、目を見て「嫌です」と自分でもびっくりするくらいドスの利いた声で答えたことがあるw命とられそうだったんですものw

これは極端な例ですが、税理士法人YFPクレアの場合、多くのお客様は軽い気持ちで「これ、頼めるかな?」と頼んでるケースが多いです。
再び例に出すとすると「社会保険の手続き」
No!を言う必要はないんですよね。お客様の希望は「社会保険の手続き」なんだから「30,000円でやりまーす」と言えばいいだけ。その手続きにその価値を感じていたら依頼されるし、それなら自分でやるかなーと判断を仰げます。

「30,000円って言ったら嫌われるんじゃないか?」とか思うそうですが、営業部があらかじめ金額もすべて明示しているので、それは勝手な思い込み。ただたんに、そのやり取りを怠ってるだけですよね。
コミュニケーション能力が低いだけかと思います。

コミュニケーション能力はいくつになってもレベルアップができる能力の一つです。
コミュニケーション能力を磨くか、人に会わない別の会社にお勤めする方がいいでしょう。

「育児や介護で休む」は迷惑さん

ネットを見ていると見かけるのですが、「育児や介護で休んだらその分独身の人に負担がかかってるんだからふざけるな!!」という意見を見かけます。

そんなこと言ってたら、日本はますます少子化が進み、景気も悪化し続け、給料も上がらず、税金と社会保険料だけが上がり続ける社会になりますよ。何より、子供がいっぱいいる街のほうが活気があり、人も優しく、みんながハッピーな気がします。(私が住む街はまさにそれ)

税理士法人YFPクレアは、子育てパパママが活躍している税理士事務所です。
5年に1度くらい、確定申告直前期にインフルエンザが流行してしまい、学級閉鎖に伴い、ママパパが休まざるを得ない時もありましたが、そういうときも、みんなで力を出し合って、工夫して乗り越えてきました。

困ったときはお互い様の精神で、営業部もレシートを仕訳することもあります。

ざっくり4割くらいのスタッフが育児中で、1割くらいが育児が落ち着いてきたスタッフ…という印象があります。つまり、半分くらいは育児経験のある人たち。
なので、育児で休む人がいるから超迷惑!!と思うタイプの人はおじいちゃん、おばあちゃんがやってる小さな税理士事務所で働く方がいいでしょう。

逆に、これから結婚し、育児をしながら仕事を続けたい!と思ってる人はYFPクレアは働きやすくていいと思います。

もちろん、育児であろうと、義務は果たさないといけません。日程を振り替えたりして自らの業務は自分で行うことになります。なので、大変であることは確かです。私自身も、いつ、保育園に呼び出されるかわからないからこそ、働けるときにタスクをバンバンこなしていっています。
そういう意味では、子育てしながら働くのは大変ですが、代表も上司の長谷川も、子育てに理解があり、そういうスタッフが多いというだけでも心強く、私自身、なんとか会社やスタッフが働きやすく、仕事しやすい環境を整えるお手伝いが出来たらいいなぁと思います。

まとめ

税理士法人YFPクレアの従業員ですので、第三者としては言えないのですが、よく言えば、きちんと管理・整備された、冷たく言うと淡泊な会社かと思います。こういうと冷たい会社のように感じるかもしれませんが、実際には困ったときには助け合う社風、わからないことは誰にでも聞ける社風だと思います。

また素敵な方と一緒にお仕事ができるのを楽しみにしています♪

余談ですが、税理士法人YFPクレアでは、この度、採用サイト制作のサービスも開始しました。
弊社で行っている求人活動のノウハウをお客様にも活用していただき、採用・事業拡大のお手伝いができればと思って始めました。

まだ試験段階ではありますが、ぜひご活用ください!

下記、モデルサイトを作りましたので、気になる方はご覧ください

トップページ

 

 

▼ この記事を書いた人

越尾の写真

税理士法人YFPクレア
営業部・ウェブ担当 越尾

趣味はドラクエとSEO。 当初300PVだったこのサイトも今は広告なしで25,000PVを越え、 集客・採用共にうまくいっているのでゴキゲンな様子。 今後はお客様のサイトでも同様の成果を出して儲かってほしい! と願っているものの、あまりホームページ作成サービスの依頼がないことにガッカリしている。

▼ 担当者のオススメ

担当者ブログの最新記事

サービスに関するご質問・お見積もり依頼は無料です 0120-700-663 または03-5380-1386にお電話ください 受付時間 10時〜18時(平日) メールでのお問い合わせ