こんにちは、税理士法人YFPクレアの越尾です。

無事にマイナンバーカードができたよ♪という通知がお役所から届いたので取りに行き、その足で実家にいき、カードリーダーを使ってマイナンバーを読み取らせて確定申告を終わらせてきました。

事前準備やパソコンの設定など多くの作業が必要でうんざり・・・
エラーが発生した際の説明をじっくり読んで何が言いたいのかしっかり読まないと意味が分かりませんでした。文字も小さく、老眼の人にはきついな・・・とも思いました。

今年は私も初のふるさと納税にチャレンジをし、子供のころから大好きでたまらん「いくら」を北海道から頂きました。この世のものとは思えないおいしさに悶絶し、狂喜乱舞し、白飯を2合を頂戴してしまい後から「なんて悪魔の食べ物なんだ・・・」と言いながらもまだ冷凍保存してあるいくら様に心ときめいております。

そんなふるさと納税もばっちり行いました。

私の家族は私のいくらフィーバーにつられて、それぞれがふるさと納税を行いました。みかんやウナギ、モンベルの会員権などそれぞれのふるさと納税を楽しみました。姉が頂いた和歌山のみかんが絶品でしたし、母が頂いた愛媛の柑橘類の詰め合わせ(?)も絶品で日本の海の幸、山の幸に感謝しながら超豪華なふるさと納税フィーバーでした。

しかし、胃を通過したら別の話なのか・・・私の母は「控除が少ない!」と騒いでいました。

え?計算間違えたかな?と思って確認したけどあってます。

当たり前の話ですが、「払った以上に控除されることも、還付されることもないよ」というと、ハッとして「そっか!」と納得していて面白かったです。

ただ単に「もっと控除されると思ってた!」そうで、仕組をよく理解してないとそういうことになるのかなーって思います。特に「税金が高い」と感じている人からすると、受けられる控除はできるだけ受けたい!と思うからというのもあるかと思います。

どちらにしても気持ちはわかるのですが、借金大国である日本がそんな必要以上に税金を安くすることはできず、でも国民感情を考えるとそんなに税金ガンガンかけることなんてできず、国も自治体も納税者もなかなか世知辛いですね。

今年はいくらが高騰しており、たった2万円でいくら1キロって絶対に赤字だ・・・と私は思っています。本当にこれで地方の応援になっているのでしょうか・・・業者や地方自治体が世知辛いことになっていなければいいのですが・・・

 

私としては、税理士法人YFPクレアを通じて、企業や個人事業主の経営の発展を応援していくことかなーと思っております。

さて、確定申告は明日まで!

まだの方は頑張ってください!

[contact-form-7 404 "Not Found"]

 

お問い合わせフォームへ
お問い合わせ