高所得者の子供手当が減らしてどうするの?

こんにちは、絶賛子育て中!税理士法人YFPクレアの越尾です。

税制改正の大綱が出ましたね。
と、同時に、気になって夜も眠れなくなるほど(?)だった子供手当の改正が決まったようです。
年収1,200万円を超える世帯主のお子様には子供手当がゼロ円にされてしまうことになりました。

一言、言わせてください。

バカなの???

ねぇ、おバカでいらっしゃるの???(心の声は押し込めて。。。)

さて、冷静にお話しすると、
お一人で1,200万円稼いでいる人が一体、いくら税金を納めているのか。
今は日本国民の一般的…と言われるようになってきた400万円の方と比較します。

年収 所得税 住民税 社会保険料 手取り 税金等合計
400万円 9 18 58 315 85
1200万円 119 79 173 829 371

(単位 万円)

 

年収が3倍であっても、手取りは3倍にはなりません。税金・社会保険料は4倍以上払っています。
っていうか、年400万円の人の年間の手取り分をお支払いされています。
こうやって数字にしてみると驚愕ですね・・・。高所得者の皆様には日本を支えていただき感謝です。

で、その人は税金の恩恵をどのくらい受けられるのでしょうか…
で、その人は保育園に入れられるの?入れないんですよ…現実は厳しいです。
特に首都圏は共働き家庭が増え「保活」という言葉も生まれ、隣人を蹴落としてでも保育園に入れようと必死なママたちが連日市区役所に押しかけていますよ…。
えぇ…私もうんざりしながら保活しました。
具体的には、川崎市では世帯年収1000万円が保育園に入れるボーダーでした。
世帯主だけで年収1200万円のご家庭なら共働きしたらそれ以上になりますし、無理ですよね。

で、年収1200万円の人が保育園に入れなかったら、代わりに仕事できる人はいるのでしょうか?
そんなお給料もらっているってことは代わりになる人がいないのではないでしょうか?
それって、社会的にどれほどの損失なのでしょう…。

で、問題の年収1200万円の人はどのくらい裕福なの?いうほど裕福でもないのは先ほど書いた通りの現実です。都内に住もうと思えば家賃も高いし。

何のための所得税の累進課税なのでしょうか…。
不公平と感じてしまいます。せめて子供には公平な世の中であってほしい…と、決して裕福ではない私もそう思います。

それに、きっと、そんな高所得の人はがんばって勉強して、がんばって働いて、知恵を絞って努力してきた人だと思いますよ。そんな人にはむしろもっと子供を産んでもらって、育ててもらえるように国がサポートするべきではないでしょうか?

第一、少子化対策を行うのに、なんで子育て世代からお金をぶんどる必要があるのでしょうか?
本気で少子化対策をしようなんて思ってないですよね。
30年以上も少子化が進行する一方で、政治家は「遺憾ですw」しか言わないわけで。

なにが遺憾だよ。それはアカンやで。

しかも、これ、最初は世帯年収で1200万円をこえたら子供手当の支給をなくすってはなしだったのですよ。
「は???」ですよね。
共働きで子育てできるようにするために保育園を作るため…というのが、今回の子供手当の所得制限なはずが、共働きをするな!という政策を取ろうとしているなんて、本末転倒じゃないか?

ほんまアカンて!

何度も言いますが、何のために所得税を累進課税にしているのでしょうか?
多く稼いだ分は税金が高くなるように累進課税制度を取っているわけで、そこで平等を保っていたはずです。しかも最近、高所得者層の基礎控除も無くなった気がするのですが…気のせいでしょうか?
う~ん、気のせいじゃない!!

今の日本は稼げば稼ぐほど、なぜか逆風が吹きあれてしまう・・・
それほどまで、日本国民は貧乏になってしまった…ということなのかもしれません。
何度も言うけど、年収1200万円はいうほどリッチじゃない。

それに、高所得者層にこそ、子供を産んでもらった方が、国としては得じゃないでしょうか?
だって、低所得者だと1人…一般的な家庭でもせいぜい2人が限界。
我が家の家計は共働きだし、決して少なくはない収入だとは思いますが、やっぱり2人が限界です。
日本の8割の家庭はもっと子供いたら…と思いながらも、経済的に子供2人が限界と感じているのではないでしょうか?
それならば、お金に余裕がある高所得者層に子供を3人、4人と育ててもらわねば未婚率も上がる中で少子化なんて止められるわけがないのです。

さらに、言うならば、日本が不景気になる少し前から少子化が始まりました。
不景気の原因の一つは少子化で、子供がいるのはそれだけで国が栄えることなんですよね。
子供がいれば消費は増えますからね。
それが分からないなら、政治家は不向きなのでおやめになったほうがいいと思いますよ。

高所得者に子供手当を当てにして子供を産む人はいないとは思いますが、高所得者にこそ子供を産んで育ててもらえるようにするのが政治家の役目ではないでしょうか?
それと同時に、低所得者を減らし、未婚率を下げる政策を取ってもらいたいものです。

それも迅速に。

さっさと。

ストップ少子化!は国民の努力だけではどうにもならないので、政府にはそろそろまじめに真摯に本気で取り組んでほしいものです。

▼ この記事を書いた人

越尾の写真

税理士法人YFPクレア
営業部・ウェブ担当 越尾

趣味はドラクエとSEO。 当初300PVだったこのサイトも今は広告なしで25,000PVを越え、 集客・採用共にうまくいっているのでゴキゲンな様子。 今後はお客様のサイトでも同様の成果を出して儲かってほしい! と願っているものの、あまりホームページ作成サービスの依頼がないことにガッカリしている。

▼ 担当者のオススメ

担当者ブログの最新記事

サービスに関するご質問・お見積もり依頼は無料です 0120-700-663 または03-5380-1386にお電話ください 受付時間 10時〜18時(平日) メールでのお問い合わせ