ズーラシアに行ってきた

ズーラシアにおいでませ

 

みなさん、ご機嫌いかがでしょうか。監査2部2課の荒井です。
毎日の暑さにうんざりする今日この頃です。木陰の涼しさが心地よいですね。

 

そんな天気の少し直前、梅雨のタイミングで私の地元にある「ズーラシア」という動物園に行ってまいりました。

みなさんご存じでしょうか。横浜市にある日本最大級の都市型動物園です。
動物たちに癒され自然に触れとても有意義な時間を過ごすことができました。

そんな素敵な動物園ですがあまり知られておらず、地元住民としてはとても悲しいことです。
そこで今回ちょっぴり紹介させていただき少しでも興味をもっていただけたら嬉しいです。

 

このズーラシアは「生命の共生・自然との調和」をテーマに1999年にオープンした動物園で、動物たちを生息地の気候帯・地域別にそれぞれのゾーンに分けて展示されているのが特徴です。

面積約53.3haと広く約100種750点の動物が飼育されており、珍しい動物園がたくさんいます。
そしてポニーやラクダに乗ることができたり、動物と触れ合えたり、餌をあげることもできます。
また子供たちが大喜び間違いなしの充実した遊具がある公園がいくつもあったり、恐竜のオブジェがあったりと、子供も大人も一日満喫できる動物園です。

 

オープン当初話題になったのが「世界三大珍獣 オカピ」です。
今では上野動物園でも見られるそうですが日本で初めてオカピを公開した場所です。

日本でズーラシアでしか見ることができない動物セスジキノボリカンガルーがいます。
木に登って暮らすカンガルーの一種で、地上で暮らすカンガルーと体のつくりも大きさも違います。
これもカンガルーの仲間なんだと驚かされます。

アフリカのサバンナエリアでは四種混合展示場内でキリンやシマウマなどの草食動物と一緒にチーターが生活しているところを見ることができます。
なかなか見られない光景で、ちょっとドキドキしてしまいます。

アンカンガルーのオスが組み合うようにしてボクシングをしている姿が見られます。
結構迫力があります。これもなかなかの見ものです。

レッサーパンダやカワウソなどのかわいい小動物もたくさん見ることができます。
寝てる姿や歩いてる姿などどんな姿でも笑顔になってしまいます。

夏になると「夏季限定ナイトズーラシア」というものがあり、夜行性の動物たちが元気に動き回る姿が見られます。
チーターが走っている姿や夏季はなかなか見れないホッキョクグマにも会うことできます。

涼しい中の動物園ということもあって人気があり混雑しておりますが、行く価値はあります!!

 

まだまだ魅力はありますが、このように他の動物園では味わえないものがたくさんあり、どなたでも楽しめる動物園だと思います。
今はコロナで入場制限が実施されているため入場者数が少なく、とにかく広いので密をあまり気にせずに楽しむことができます。
ただし、本当に広いので歩き疲れます。……が、運動不足解消間違いなしです!

普段の疲れを吹き飛ばすためにも、自然いっぱいの中を歩いてリフレッシュして、かわいい動物達に癒されてはいかがでしょうか。
地元横浜ズーラシア、お待ちしています!

 

担当者ブログの最新記事

サービスに関するご質問・お見積もり依頼は無料です 0120-700-663 または03-5380-1386にお電話ください 受付時間 10時〜18時(平日) メールでのお問い合わせ