MAS監査シリーズ3 社員も巻き込んで

 

こんにちは!

四谷二部 MAS監査係りの田村です。

今月もMAS監査やってまいりました。

 

題名を見て「おや?シリーズ3?」と感じた方はこちら!
経営計画サービスが始まります!
MAS監査シリーズ2 経営のライザップ

 

前回監査で社長に好評だった『KPT分析』
今回は社員の方も巻き込んで『KPT分析』を行いました。

テーマは『経営計画を行う上での行動指針』です。

 

社長から普段からあまり発言をしない社員の方と聞いておりましたので、
『アイスブレイク』から入りました。

アイスブレイクとは・・・・初対面や会議の場で緊張をときほぐすための手段です。

 

今回はインタビュー式他人紹介を利用しました。
ペアになった人の情報を収集して、ペア相手の他人紹介を行うアイスブレイクです。

何か合コンとかで昔やったような、、、、

 

まあ、とにかく場の空気を和ませて、会議スタートです。

前回は社長1人でしたが、今回は全員で6人。

 

さすが、様々な意見がでます。
ベース紙も1枚では足りず、臨時でもう1枚追加。

 

ファシリテーターをやりながら気づいたのですが、
参加者の皆さんは意見が貼ってあるPost itの紙を見て話しているので、
意見を客観的に考えられている気がしました。

 

誰か発言した意見だとその人に対する感情も混じっての議論になりがちです。

しかし、壁に貼ってあるPost itなら冷静に少し外から考えられている気がします。

 

社員さまと社長から様々なご意見をいただき、当面の行動指針が二つ決定いたしました。

次回、訪問時に実際に行動出来ているか、バッチリチェックさせてもらいます。

 

 

KPT分析の様子

 

 

次回のテーマは

『社長の不安心の原因 ~MAS計画通りに進んでいるのに~ 』

を探ります!

 

 

*企業情報にかかわる事もありますので、内容を少し不明確にさせてあります*

 

 

関連サービス

 

 

関連記事

MAS監査について

 

how to 経営の最新記事

サービスに関するご質問・お見積もり依頼は無料です 0120-700-663 または03-5380-1386にお電話ください 受付時間 10時〜18時(平日) メールでのお問い合わせ