動物病院の開業資金についてのQ&A

 

動物病院の開業資金についての質問に、監査部・佐藤がお答えします。

 

動物病院の開業に必要な資金は2,500~3,000万円くらい

Q 現在、動物病院に勤務している獣医です。独立を考えています。
開業資金はおおよそいくら必要でしょうか?

A 弊社で開業から携わった医院でいうとおおよそ2,500~3,000万円ほどです(機材や医院の内外費、敷金等)。

※参考までに、日本獣医学会はウェブサイト上に、「東京都内66㎡の賃貸物件で、平均的な開業準備資金が2,150万円、別に最低限度の設備・備品が596万円、合計2,746万円」というモデルをあげています。

 

開業資金は銀行で借りるのがオススメ

Q え…、そんなに多額ですか。開業される方はそんなにたくさん貯金されてらっしゃったということですね…?

A いいえ。ご自身でご用意されていたお金は、皆様数百万円です。
少ない方で2~300万円、多い方でも1,000万円くらいです。あとは金融機関からの借入でまかないます。

資金面では余裕をもって医院を経営するのがよろしいかと思います。

たとえ自分の貯金だけで開業資金をまかなえるにしても、銀行からの借入は検討する価値は十分ございます。

“無借金経営は安心である、無借金経営こそ経営のあるべき姿“という考えは捨ててください。

それが借入であれ、自己資金であれ、“潤沢なキャッシュ以上の安心材料はない“とお考えください。

これが経営の基本です。

 

 

銀行からお金を借りる場合、動物病院の開業は他業種よりかなり有利

Q 金融機関はそんなに簡単にお金を貸してくれるのですか?

A 簡単、ということはないですが【創業融資】といって、これから新たにビジネスを始める人向けの融資を申し込みます。

日本政策金融公庫か、地方銀行や信用金庫を窓口にした制度融資を利用します。
経営者としての実績がなくても借入ができます。
そして動物病院の開業となれば、その他の事業(例えば飲食店等)を始める場合と比べてかなり有利です。

 

 

この創業融資で重視されるのは
①キャリア
②自己資金
③事業計画
の3点です。※詳細は下記のQ&Aにてご説明いたします。

 

金融機関からの借入については、以前ブログにまとめました。
よろしければお目通しください。

 

動物病院への金融機関の見方は好意的

Q ①キャリア?動物病院で働いたことしかありませんが…。大丈夫ですか?

A キャリアについては、獣医学部を卒業し、動物病院で5年以上働いてきた方であれば、この点は十分と言えます。

 

Q ②の自己資金とは何ですか?

A 自己資金とは、事業を始めるにあたって必要な資金のうち、自分自身で貯めてきたお金のことです。
開業に必要な資金のうち、一般的には、30%~50%程度は自身で準備することを求められます。

例えば開業に必要な資金が2,000万円だとします。
この場合、600万円~1,000万円くらいは自分のお金で準備し、残りを借入でまかなう、ということになります。

“開業必要資金に対する自己資金の割合“が多ければ多いほど借入は受けやすくなります。

獣医師免許を必要とする動物病院の開業については、借入をする上でかなり有利と申し上げました。これはこの開業必要資金に対する自己資金の割合においても如実に表れます。

具体的には、動物病院の開業の場合は、開業必要資金の割合は2割くらいでも十分テーブルに乗ります。他の条件によっては1割でも可能です。

これは、動物病院の開業は誰にでもできることではなく(新規参入が難しい)、黒字割合が高く、撤退率も低いためです。
動物病院の閉院は、経営不振ではなく院長先生の引退がほとんどです。

 

飲食店等と比較してイメージすると分かりやすいと思います。
下記表は、サービス業のうち、黒字割合の高い順に並んでいます。
動物病院は【獣医業】として上から3番目にあります。

『TKC経営指標』速報版(サービス業)

 

Q ③の事業計画とは?

A 売上やコストの見込みを出来るだけ具体的な数値に落とし込んで作成します。
その根拠が明確であればあるほど高い評価がされます。

迷われたら、弊社までお問合せください。
簡単な助言であれば無料で出来ます。

 

 

最後に

【動物病院は、長期間安定して黒字を出せるビジネス】

このページをご覧になっている先生は、独立を決めてらっしゃる方もいれば、迷われている方も多くいらっしゃることと思います。
独立すべきか否かはケースバイケースですし、何よりタイミングの良し悪しもあるかと思います。

私もいたずらに独立開業を勧めることはございません。
「もう少しキャリアを積まれてからにしてはいかがでしょうか?」
「自己資金が○○万円になったらにしませんか?」
等、はっきり申し上げることもございます。

しかし、上述したように、動物病院は他業種よりはるかに安全で、“稼げる“ビジネスです。

迷われたらまずはお電話かメールをください。

 

 

喜んで対応させていただきます。

 


サービスに関するご質問・お見積もり依頼は無料です 0120-700-663 または03-5380-1386にお電話ください 受付時間 10時〜18時(平日) メールでのお問い合わせ