こんにちは、税理士法人YFPクレア 営業部の越尾です。

Twitterをはじめて約2ヶ月。
2回だけですが、100いいねを頂きました。
ありがとうございました。

正直100ももらえるとは思ってなかったので衝撃です。
そもそもが、私は誰も読んでないであろうブログを何ヶ月間も書き続けたド根性ライター。
いいねがつかない程度ならメンタル落ちねーぞー!

さて、ちょっとした気付きですが、まとめておきました。

下調べせずに始めたマーケターのつぶやき

困った事、不満はいいね、リツイートされやすい

弊社のTwitter戦略的に言うと、まずはフォロワーを増やそう!
という段階ですw

てへw

色々試行錯誤をしましたが、
2回中2回が「皆が思ってる困った事」でした。

そうよね。困ってることって、共感されたいのよね。

それでいて、ちょっとマイノリティな分野のツイートでした。
例えば税理士業界のあるある的なやつ…
例えば子育て世代の所得制限…

どちらも一般社会で言えば、小さな小さな世界ですが、
その中で困っていること、悩んでいることが言語化されると「いいね」をしたくなるのでしょう。

Twitterの瞬間風速

片方は特にリンクを入れてなかったのですが、プロフィールから当サイトを御覧頂いた方が60名もいらっしゃいました。ありがとうございます。
分析をした結果、今まで0だったsocialの導入が増えた上、閲覧時間も長く
弊社にご興味持っていただけたこと、大変うれしく思います。

また、もう片方は経理代行サイトのリンクを貼りましたが、
いつもよりピーク日は200PVもアップ!
しかもTwitterバブルは4日間続きました。
SEOにも影響でるのかなぁと。もうちょっと続けないとデータ取れないかなぁ…と。

これでいうと100いいねだと2日、200いいねだと4日…
ってことは300いいねだと6日になるのか!?ちょっと興味があります。

そして、もうちょっと工夫したら、SEOとは違うお客様や一般の方向けにアピールできそうだとかんじました。色々工夫して、弊社のホームページ作成サービス内でも、ビジネスアカウントの扱いについてを紹介できるように頑張ります♪

やっぱり強い?YFPクレアの看板

多分ですが、どこの誰とも書いていない、中身がただの越尾だと、全然なんですよ。
やっぱり税理士法人の名前や、YFPクレアの看板って強いんだなーって思います。

社名を背負った一個人として、責任のある発言をするように、引き締まる思いです。

ブログは一方通行だから弊社のような小さな中小企業は炎上もなかなかしませんが
Twitterはあっという間に炎上し、炎が高く高く上がる傾向にあります。

勉強になるなぁ・・・他の税理士の皆さんのツイートが役立つ

沢山の税理士先生方をフォローしています。
とっても面白いですよ!!

まだ期間は短いのでわからないのですが、1ヶ月に1回程度
「サラリーマンが事業をはじめて、事業赤字を出して、所得税を下げる」系のツイートは
頻繁に税理士の皆様の吊し上げ(?)に合っております。

それだけ、多くの税理士が困っているということでしょうか・・・

弊社でもサラリーマンをしながら不動産オーナー!というお客様は沢山いらっしゃいます。

不動産オーナーはほとんど領収書が上がってこないのですが
たまに「ほうきとちりとり」の領収書が届きます。
賃貸に出してるアパートの掃除をされるそうです。なるほど~汚いと資産価値下がりますもんね!
ですが、やっぱり不動産賃貸をしているのに、交際費…とくると「?」となってしまいます。

最近はちょっと刺激的に注意喚起も入れたせいか、素直に応援できるお客様が増えてとても嬉しいです。

また、面白いツイートを発見したら、弊社の新人教育用チャットワークグループ「柳川塾」にて水平展開を行っております。

税理士業界にいると、当たり前が徐々にお客様とズレていきます。
もちろん、それが色に染まることではあるのですが、
一般のお客様がどんなものをご覧になって、どうお考えになるか・・・を学び
その上で、専門家としてどう振る舞うべきか・・・
をきちんとお伝えできるように勉強しているのが印象的でした。

まだまだ未知なTwitterワールド

税理士のお悩みはどこも一緒なんだなーと思いながらも
その中には解決された方法を書かれている先生もいらっしゃって勉強になりました。

これからも、もう少しTwitterでいろんな勉強をしようと思います。

投稿者・投稿者チーム紹介

越尾
越尾営業部 ウェブチーム
趣味はドラクエとSEO。 当初300PVだったこのサイトも今は広告なしで25,000PVを越え、 集客・採用共にうまくいっているのでゴキゲンな様子。 今後はお客様のサイトでも同様の成果を出して儲かってほしい! と願っているものの、あまりホームページ作成サービスの依頼がないことにガッカリしている。
お問い合わせフォームへ
お問い合わせ