こんにちは。陸上小僧の矢島です。冬は駅伝小僧ですが夏は陸上小僧になります。
ブログの順番が回ってきませんでしたので大会は既に終了してしまいましたが、すみません。

今回も日本選手の活躍がありましたが、皆さんはどう感じましたか?
体格や身体能力に恵まれていない日本人が上位に食い込みにはどうすれば良いかを自分なりに考えてみました。

中長距離は、スビードのアップダウンによる揺さぶりやラストのスパート合戦になれば、外国勢に勝つことは難しくなります。
そこでスローペースには持ち込まず自分から先頭に出て自分のペースに持ち込む事が必要ですね。

それを実行したのが女子の田中選手です。
日本記録に近い速いペースで入りながら、残り2周くらいから加速できれば更に自分らしいレースができると思います。
廣中選手もそれを実行しましたが、惜しかったですね。

ですが、それを見事に成功させたのが、男子20km競歩の山西選手です。
最初から速いスピードで飛び出し、中盤では自分からペースを上げ下げして外国勢を揺さぶり他の選手の体力を消耗させ、ラストでさらに加速して金メダルを獲得しました。
自分の思い通りに常にレースを支配していました。
練習で培った自信が余裕を生んだのでしょう。

また、35km競歩で川野選手を1秒差でかわし金メダルを獲得したスタノ選手は東京五輪の20km競歩でも金メダルを獲得しましたが、この時2位の池田選手と3位の山西選手をゴールで最敬礼をして迎えていました。
一緒に戦った他の選手を敬う心を持った選手は強いな。最終的にこういう人が金メダルを獲得するのかな。と思いました。

女子やり投げの北口選手は最後の6投目で3位に食い込みましたが、理想的ではなかったと思います。
やはり先行逃げ切りで1投目に他の選手が追いつけないような記録を投げ、勝負を付けるのが理想だったと思います。
通常は投げる度に集中力や体力が奪われるので疲れ切った最後の6棟目でその日のベスト記録が出せるは理論上あり得ないのでその術を知りたいです。
よく「火事場の馬鹿力」と言いますが、追い込まれると力を発揮するタイプかも知れません。
皆さんはどう感じていますか?

男子の4継(4×100m)では、個人の100mと200mでメダルを独占したアメリカが金メダルを獲得できませんでしたが、逆に女子の4継では、個人の100mと200mでメダル無しに終わったアメリカが金メダルを獲得しました。
なぜでしょう?

また、男子のマイル(4×400m)では、個人の400mで決勝進出者が1人もいない日本が4位になりました。
なぜでしょう?

分かった方は浦和オフィスの矢島までお願い致します。

また今回、日本や世界で活躍している超一流の選手が真剣勝負している姿を見せてくれました。
本番に向けての気持ちの入れ方、弱いものが強ものに勝つにはどうすれば良いか等、それを見た私たち凡人は、今後の人生にそれをどう生かし、どうやって明日の活力にしていくか、私たちにとっての本番はこれからです。
皆で頑張りましょう。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

投稿者・投稿者チーム紹介

資産税
資産税
資産を守るエキスパート集団!
不動産や株などお客様の資産を次世代に残せるように、相続時に争いになったり、納税資金に困らないように…
お客様はもちろん、残される家族のことまで考えた相続対策を得意としています。
相続税はもちろんのこと、法人税や所得税も出来るから
総合的に見て、お客様にとって一番メリットが出る方法が出来ます!
お問い合わせフォームへ
お問い合わせ