労働者協同組合の設立

労働者協同組合とは

労働者協同組合とは、令和4年10月1日から施行される労働者協同組合法に基づいて設立された法人のことです。
組合員が出資し、それぞれの意見を反映して組合の事業が行われ、組合員自らが事業に従事することを基本原理とする組織を指します。

労働者協同組合の要件

〇組合員が出資し、それぞれの意見を反映して組合の事業が行われ、組合員自らが事業に従事することを基本原理とすること
〇組合員が加入・脱退を任意で行うことができ、組合と事業に従事する組合員との間で労働契約を締結すること
〇組合員の議決権・選挙権は平等であり、労働契約を締結した組合員が総組合員の議決権の過半数を保有すること
〇剰余金の配当は、組合員が組合の事業に従事した程度に応じて行うこと

また、組合は営利を目的として事業を行ってはならないこと等が運営の原則として挙げられています。

労働者協同組合法

労働者協同組合法は、持続可能で活力のある地域社会を実現するために必要な非営利の法人を簡便に設立できる制度を確立するために作成されています。

現行法では、企業組合や非営利法人を設立するために認可や認証が必要で、設立にも時間等を要します。
新たな法人形態を法制化することで、どの地域でも、出資・意見反映・労働が一体となった組織の設立が出来るようになります。

さらに詳しくわかりやすい内容は、厚生労働省HPより「労働者協同組合法について(PDF)」をご覧ください!

労働者協同組合の設立サポート

労働者協同組合は、必要書類を揃えて法務局へ申請すれば、組合の設立が可能です。

YFPクレアでは、設立登記と登記完了後の管轄行政庁への届出を行います。

費用

275,000円(税込)

お問い合わせフォームへ
お問い合わせ